Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

11.4 空間データ型

Open Geospatial Consortium (OGC) は、公開されている概念ソリューションの開発に参加している 250 を超える企業、機関および大学の国際コンソーシアムであり、空間データを管理するあらゆる種類のアプリケーションで役立ちます。

空間データをサポートするように SQL RDBMS を拡張するための複数の概念的な方法を提案したドキュメントとして、Open Geospatial Consortium から「OpenGIS® Implementation Standard for Geographic information - Simple feature access - Part 2: SQL option」が発行されています。 この仕様は、OGC の web サイト (http://www.opengeospatial.org/standards/sfs) から入手できます。

MySQL は、OGC の仕様書に従って、ジオメトリ型を含む SQL 環境のサブセットとして空間拡張を実装しています。 この用語は、一連のジオメトリ型で拡張された SQL 環境を意味しています。 ジオメトリ値を含む SQL カラムは、ジオメトリ型のカラムとして実装されています。 仕様書では、一連の SQL ジオメトリ型のほか、ジオメトリ値を作成し分析するためにこれらの型に対して行われる関数について説明しています。

MySQL 空間拡張により、地理的特性の生成、ストレージ、および分析が可能になります。

  • 空間値を表すデータ型

  • 空間値を操作する関数

  • 空間カラムへのアクセス時間を改善するための空間インデックス設定

空間データ型および空間関数は、MyISAM, InnoDB, NDB テーブルおよび ARCHIVE テーブルで使用できます。 空間カラムのインデックス付けの場合、MyISAM および InnoDB では SPATIAL インデックスと SPATIAL 以外のインデックスの両方がサポートされます。 その他のストレージエンジンは、セクション13.1.15「CREATE INDEX ステートメント」で説明しているように、非 SPATIAL インデックスをサポートします。

地理的特性とは、位置を特定できる世界中のあらゆるもののことです。 特性は次のいずれかになります。

  • 実体。 山、池、都市など。

  • 領域。 町の区域や熱帯地域など。

  • 定義可能な位置。 2 つの道路が交差する特定の場所となる交差点など。

ドキュメントによっては、地理空間特性という用語を地理的特性の意味で使用している場合もあります。

ジオメトリも地理的特性を表す用語です。 ジオメトリという用語はもともと、地球の測量を意味していました。 地図作成者が世界のマッピングに使用するジオメトリ特性を指す別の意味は、地図作成の分野からのものです。

ここでの説明では、地理的特性地理空間特性特性ジオメトリの用語をシノニムと見なします。 もっともよく使用される用語はジオメトリであり、位置を特定できる世界中のあらゆるものを表す点または点の集合として定義されています。

次の資料では次のトピックを取り上げます。

  • MySQL モデルに実装された空間データ型

  • OpenGIS ジオメトリモデルでの空間拡張の基本

  • 空間データを表現するためのデータ形式

  • MySQL で空間データを使用する方法

  • 空間データのインデックスの使用方法

  • OpenGIS 仕様と MySQL 実装との差異

空間データを演算する関数の詳細は、セクション12.17「空間分析関数」を参照してください。

追加のリソース

空間操作の MySQL 実装では、次の標準が重要です:

  • SQL/MM パート 3: Spatial.

  • Open Geospatial Consortium は、空間データをサポートするために SQL RDBMS を拡張するいくつかの概念的な方法を提案するドキュメントである OpenGIS® Implementation Standard for Geographic information を公開します。 特定の簡易機能アクセスを参照してください - パート 1: 共通アーキテクチャおよび単純な機能アクセス - パート 2: SQL オプション。 Open Geospatial Consortium (OGC) は、http://www.opengeospatial.org/ の web サイトを管理します。 仕様書は http://www.opengeospatial.org/standards/sfs で入手できます。 ここでの資料に関連した追加情報が用意されています。

  • spatial reference system (SRS) 定義の文法は、「OpenGIS 実装仕様: 座標変換サービス」, Revision 1.00、OGC 01-009, January 12, 2001, Section 7.2 で定義されている文法に基づいています。 この仕様は、http://www.opengeospatial.org/standards/ct で入手できます。 MySQL に実装されている SRS 定義の仕様との相違点については、セクション13.1.19「CREATE SPATIAL REFERENCE SYSTEM ステートメント」 を参照してください。

MySQL に対する空間拡張の使用について質問や関心がある場合は、GIS フォーラム (https://forums.mysql.com/list.php?23) で議論できます。