Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.2Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


4.6.8.1 mysqlbinlog 16 進ダンプ形式

--hexdump オプションを使用すると、mysqlbinlog はバイナリログの内容の 16 進ダンプを生成するようになります。

shell> mysqlbinlog --hexdump master-bin.000001

16 進出力は、# で始まるコメント行で構成され、前のコマンドの出力は次のようになります。

/*!40019 SET @@session.max_insert_delayed_threads=0*/;
/*!50003 SET @OLD_COMPLETION_TYPE=@@COMPLETION_TYPE,COMPLETION_TYPE=0*/;
# at 4
#051024 17:24:13 server id 1  end_log_pos 98
# Position  Timestamp   Type   Master ID        Size      Master Pos    Flags
# 00000004 9d fc 5c 43   0f   01 00 00 00   5e 00 00 00   62 00 00 00   00 00
# 00000017 04 00 35 2e 30 2e 31 35  2d 64 65 62 75 67 2d 6c |..5.0.15.debug.l|
# 00000027 6f 67 00 00 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 00 00 |og..............|
# 00000037 00 00 00 00 00 00 00 00  00 00 00 00 00 00 00 00 |................|
# 00000047 00 00 00 00 9d fc 5c 43  13 38 0d 00 08 00 12 00 |.......C.8......|
# 00000057 04 04 04 04 12 00 00 4b  00 04 1a                |.......K...|
#       Start: binlog v 4, server v 5.0.15-debug-log created 051024 17:24:13
#       at startup
ROLLBACK;

現在、16 進出力には次のリストの要素が含まれます。この形式は変更される場合があります。(バイナリログの形式の詳細は、「MySQL Internals: The Binary Log」を参照してください。

  • Position: ログファイル内のバイト位置。

  • Timestamp: イベントのタイムスタンプ。示した例では、'9d fc 5c 43''051024 17:24:13' の 16 進表現です。

  • Type: イベントタイプコード。示した例では、'0f'FORMAT_DESCRIPTION_EVENT を示します。次のテーブルは可能なタイプコードのリストです。

    名前 意味
    00 UNKNOWN_EVENT このイベントはログ内に存在するべきではありません。
    01 START_EVENT_V3 MySQL 4 より前のバージョンによって書き出されたログファイルの始めを示しています。
    02 QUERY_EVENT もっとも一般的なイベントのタイプ。これらはマスターで実行されるステートメントを含んでいます。
    03 STOP_EVENT マスターが停止したことを示します。
    04 ROTATE_EVENT マスターが新しいログファイルにスイッチした際に書き出されます。
    05 INTVAR_EVENT AUTO_INCREMENT 値、またはステートメントで LAST_INSERT_ID() 関数が使用される場合に使用されます。
    06 LOAD_EVENT MySQL 3.23 で LOAD DATA INFILE 用に使用されます。
    07 SLAVE_EVENT 将来使用するために予約されています。
    08 CREATE_FILE_EVENT LOAD DATA INFILE ステートメントに使用されます。これはそのようなステートメントの実行の始まりを示しています。スレーブ上で一時ファイルが作成されます。MySQL 4 でのみ使用されます。
    09 APPEND_BLOCK_EVENT LOAD DATA INFILE ステートメントで使用されるデータを含んでいます。データはスレーブ上の一時ファイル内に保存されます。
    0a EXEC_LOAD_EVENT LOAD DATA INFILE ステートメントに使用されます。一時ファイルの内容はスレーブ上のテーブルに保存されます。MySQL 4 でのみ使用されます。
    0b DELETE_FILE_EVENT LOAD DATA INFILE ステートメントのロールバック。一時ファイルはスレーブ上で削除されるはずです。
    0c NEW_LOAD_EVENT MySQL 4 以前のバージョンで LOAD DATA INFILE に使用されます。
    0d RAND_EVENT RAND() 関数がステートメントで使用されている場合、ランダム値の情報を送信するのに使用されます。
    0e USER_VAR_EVENT ユーザー変数のレプリケーションに使用されます。
    0f FORMAT_DESCRIPTION_EVENT MySQL 5 以降のバージョンで書き出されたログファイルの始まりを示します。
    10 XID_EVENT XA トランザクションのコミットを示すイベント。
    11 BEGIN_LOAD_QUERY_EVENT MySQL 5 以降で LOAD DATA INFILE ステートメントに使用されます。
    12 EXECUTE_LOAD_QUERY_EVENT MySQL 5 以降で LOAD DATA INFILE ステートメントに使用されます。
    13 TABLE_MAP_EVENT テーブル定義の情報。MySQL 5.1.5 以降で使用されます。
    14 PRE_GA_WRITE_ROWS_EVENT 作成されるべき単一のテーブルの行データ。MySQL 5.1.5 から 5.1.17 で使用されます。
    15 PRE_GA_UPDATE_ROWS_EVENT 更新が必要な単一テーブルの行データ。MySQL 5.1.5 から 5.1.17 で使用されます。
    16 PRE_GA_DELETE_ROWS_EVENT 削除されるべき単一テーブルの行データ。MySQL 5.1.5 から 5.1.17 で使用されます。
    17 WRITE_ROWS_EVENT 作成されるべき単一のテーブルの行データ。MySQL 5.1.18 以降で使用されます。
    18 UPDATE_ROWS_EVENT 更新が必要な単一テーブルの行データ。MySQL 5.1.18 以降で使用されます。
    19 DELETE_ROWS_EVENT 削除されるべき単一テーブルの行データ。MySQL 5.1.18 以降で使用されます。
    1a INCIDENT_EVENT 通常ではないことが何か起こりました。MySQL 5.1.18 で追加されました。
  • Master ID: イベントを作成したマスターのサーバー ID。

  • Size:イベントのサイズをバイトで表しています。

  • Master Pos: 元のマスターログファイル内での次のイベントの位置。

  • Flags: 16 フラグ。現在、次のフラグが使用されています。ほかのものは将来のために予約されています。

    フラグ 名前 意味
    01 LOG_EVENT_BINLOG_IN_USE_F ログファイルは正しく閉じられました。(FORMAT_DESCRIPTION_EVENT でのみ使用されます。)FORMAT_DESCRIPTION_EVENT 内でこのフラグがセットされている場合 (フラグがたとえば '01 00' の場合)、ログファイルは適切に閉じられていません。マスターが (たとえば、停電などにより) クラッシュしたことによる場合がもっとも可能性が高くなります。
    02   将来使用するために予約されています。
    04 LOG_EVENT_THREAD_SPECIFIC_F たとえばイベントが一時テーブルを使用する場合のように、イベントが実行される接続に依存する場合にセットします (たとえば '04 00')。
    08 LOG_EVENT_SUPPRESS_USE_F イベントがデフォルトデータベースに依存していない一部の状況でセットします。

User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.