Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


4.6.4 myisamlog — MyISAM ログファイルの内容の表示

myisamlogMyISAM ログファイルの内容を処理します。このようなファイルを作成するには、サーバーを --log-isam=log_file オプションで起動します。

myisamlog は次のように起動します。

shell> myisamlog [options] [file_name [tbl_name] ...]

デフォルトの操作は更新 (-u) です。リカバリが実行された場合 (-r)、すべての書き込み、および更新や削除が実行され、エラーは数えられるだけです。log_file 引数が指定されない場合は、デフォルトのログファイル名は myisam.log です。コマンド行でテーブルが指名された場合は、そのテーブルのみが更新されます。

myisamlog は次のオプションをサポートします。

  • -?-I

    ヘルプメッセージを表示して終了します。

  • -c N

    N 個のコマンドのみ実行します。

  • -f N

    開かれているファイルの最大数を指定します。

  • -i

    終了する前に追加情報を表示します。

  • -o offset

    開始オフセットを指定します。

  • -p N

    パスから N 個のコンポーネントを取り除きます。

  • -r

    リカバリ操作を実行します。

  • -R record_pos_file record_pos

    レコード位置ファイルとレコード位置を指定します。

  • -u

    更新操作を実行します。

  • -v

    冗長モード。プログラムの動作についてより多くの情報を出力します。このオプションを複数回指定して、さらに多くの出力を生成できます。

  • -w write_file

    書き込みファイルを指定します。

  • -V

    バージョン情報を表示します。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.