Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


4.5.1 mysql — MySQL コマンド行ツール

mysql は、入力行の編集機能を備えた簡単な SQL シェルです。インタラクティブおよび非インタラクティブでの使用をサポートします。インタラクティブで使用した場合、クエリー結果は ASCII 表形式で提示されます。非インタラクティブ (フィルタとしてなど) で使用する場合、結果はタブ区切り形式で表示されます。出力形式は、コマンドオプションを使用して変更できます。

大きな結果セット用のメモリーが足りないことで問題が発生する場合は、--quick オプションを使用します。これにより mysql は、全結果セットを表示前に取得してメモリー内でバッファリングする代わりに、サーバーから 1 行ずつ結果を取得することを強制されます。これは、mysql_store_result() ではなく、クライアント/サーバーライブラリ内の mysql_use_result() C API 関数を使用して結果セットを返すことで実行されます。

mysql は非常に簡単に使用できます。次のように、コマンドインタプリタのプロンプトから起動してください。

shell> mysql db_name

または:

shell> mysql --user=user_name --password=your_password db_name

次に SQL ステートメントを入力し、;\g、または \G で終わらせ Enter を押します。

Control+C と入力すると、mysql は現在のステートメントの強制終了を試行します。これが実行できない場合、またはステートメントを強制終了する前に Control+C が再度入力された場合は、mysql は終了します。

SQL ステートメントは次のように、スクリプトファイル (バッチファイル) で実行できます。

shell> mysql db_name < script.sql > output.tab

Unix では、mysql クライアントはインタラクティブに実行されたステートメントを履歴ファイルにログ記録します。セクション4.5.1.3「mysql のロギング」を参照してください。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
  Posted by David Spector on March 7, 2015
Here is a complete example of a Windows command to flush a local database to make it consistent prior to running a backup job (MySQL ignores the Windows Volume Shadow Copy Service). This command works for me but must be customized to work in your environment.

set bin=C:\Program Files\MySQL\MySQL Server 5.6\bin
"%bin%/mysql" -e "FLUSH TABLES WITH READ LOCK; UNLOCK TABLES;" --user=NAME_OF_USER --password=PASSWORD NAME_OF_DB
REM Pause until any keystroke to see output: pause

Note: the use of bare passwords in a command file is insecure.

Sign Up Login You must be logged in to post a comment.