Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  mysql.server — MySQL サーバー起動スクリプト

4.3.3 mysql.server — MySQL サーバー起動スクリプト

Unix の MySQL 配布には、mysql.server というスクリプトがあります。System V スタイルの実行ディレクトリを使用してシステムサービスの起動および停止を行う、Linux および Solaris などのシステムで使用できます。MySQL の OS X Startup Item でも使用されます。

mysql.server は、MySQL インストールディレクトリの support-files または MySQL のソース配布にあります。

Linux の RPM パッケージ (MySQL-server-VERSION.rpm) を使用する場合は、mysql.server スクリプトは /etc/init.d ディレクトリに mysql という名前でインストールされます。それを手動でインストールする必要はありません。Linux RPM パッケージに関する詳細は、セクション2.5.5「RPM パッケージを使用して MySQL を Linux にインストールする」を参照してください。

ベンダーによっては、起動スクリプトを mysqld のような別名でインストールする RPM パッケージを提供している場合もあります。

MySQL をソース配布から、あるいは mysql.server を自動的にインストールしないバイナリの配布形式を使用してインストールする場合、それを手動でインストールできます。手順はセクション2.10.1.2「MySQL を自動的に起動および停止する」を参照してください。

mysql.server は、オプションファイルの [mysql.server] セクションおよび [mysqld] セクションからオプションを読み取ります。下位互換性のため、[mysql_server] セクションも読み取りますが、MySQL 5.6 を使用する場合は、このようなセクションは [mysql.server] に名前変更するようにしてください。

mysql.server は次のオプションをサポートします。

  • --basedir=path

    MySQL インストールディレクトリへのパス。

  • --datadir=path

    MySQL データディレクトリへのパス。

  • --pid-file=file_name

    サーバーがプロセス ID を書き込むべきファイルのパス名。

  • --service-startup-timeout=seconds

    サーバーの起動を確認するために待機する秒数。サーバーがこの時間内に起動しない場合、mysql.server はエラーで終了します。デフォルト値は 900 です。0 の値は、起動をまったく待機しないことを意味します。負の値はいつまでも (タイムアウトなしで) 待機することを意味します。

  • --use-mysqld_safe

    mysqld_safe を使用してサーバーを起動します。これはデフォルトです。

  • --user=user_name

    mysqld を実行する際に使用するログインユーザー名。