Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 20.9Mb
PDF (A4) - 21.0Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


4.5.1.1 mysql のオプション

mysql は次のオプションをサポートします。これらはコマンド行またはオプションファイルの [mysql] グループおよび [client] グループで指定できます。MySQL プログラムによって使用されるオプションファイルの詳細については、セクション4.2.6「オプションファイルの使用」を参照してください。

表 4.5 mysql のオプション

オプション名 説明 導入
--auto-rehash 自動リハッシュを有効化
--auto-vertical-output 結果セットの垂直形式での表示を有効化
--batch 履歴ファイルを使用しない
--binary-mode \r\n の \n への変換および \0 をクエリーの終端として処理することを無効化 5.6.3
--bind-address 指定されたネットワークインタフェースを使用して MySQL サーバーに接続 5.6.1
--character-sets-dir 文字セットがインストールされているディレクトリ
--column-names 結果にカラム名を記述
--column-type-info 結果セットのメタデータを表示
--comments サーバーに送信されたステートメント内のコメントを保持するか削除するか
--compress クライアントとサーバー間で送信される情報をすべて圧縮
--connect-expired-password クライアントが期限切れパスワードのサンドボックスモードを処理できることをサーバーに指示。 5.6.12
--connect_timeout 接続タイムアウトまでの秒数
--database 使用されるべきデータベース
--debug デバッグのログを書き込み
--debug-check プログラムの終了時にデバッグ情報を出力
--debug-info プログラムの終了時に、デバッグ情報、メモリー、および CPU の統計を出力
--default-auth 使用する認証プラグイン
--default-character-set デフォルト文字セットを指定
--defaults-extra-file 通常のオプションファイルに加えてオプションファイルを読み取る
--defaults-file 指名されたオプションファイルのみを読み取る
--defaults-group-suffix オプショングループのサフィクス値
--delimiter ステートメント区切り文字を設定
--enable-cleartext-plugin 平文の認証プラグインを有効化 5.6.7
--execute ステートメントを実行して終了
--force SQL エラーが発生しても続行
--help ヘルプメッセージを表示して終了
--histignore ロギングに関してどのステートメントを無視するかを指定するパターン 5.6.8
--host 指定されたホスト上で MySQL サーバーに接続
--html HTML 出力を生成
--ignore-spaces 関数名のあとのスペースを無視
--init-command 接続後に実行する SQL ステートメント
--line-numbers エラーの行番号を書き込み
--local-infile LOAD DATA INFILE で LOCAL 機能を有効化または無効化
--login-path ログインパスオプションを .mylogin.cnf から読み取り 5.6.6
--max_allowed_packet サーバーとの間で送受信するパケットの最大長
--max_join_size --safe-updates を使用する結合で、自動的に設定される行の制限
--named-commands 名前付き mysql コマンドを有効化
--net_buffer_length TCP/IP とソケット通信のバッファーサイズ
--no-auto-rehash 自動リハッシュを無効化
--no-beep エラー時に音を発生させない
--no-defaults オプションファイルを読み取らない
--one-database コマンド行で指定されたデフォルトデータベースに対するステートメント以外を無視
--pager クエリー出力のページングに指定されたコマンドを使用
--password サーバーに接続する際に使用するパスワード
--pipe Windows で、名前付きパイプを使用してサーバーに接続
--plugin-dir プラグインがインストールされているディレクトリ
--port 接続に使用する TCP/IP ポート番号
--print-defaults デフォルトを出力
--prompt プロンプトを指定された形式に設定
--protocol 使用する接続プロトコル
--quick 各クエリーの結果をキャッシュしない
--raw カラム値をエスケープの変換なしで書き込み
--reconnect サーバーとの接続が失われたとき、再接続を自動的に試行
--safe-updates, --i-am-a-dummy キー値を指定する UPDATE ステートメントおよび DELETE ステートメントのみを許可
--secure-auth 古い (4.1.1 より前の) 形式でサーバーにパスワードを送信しない
--select_limit --safe-updates 使用時に自動的に設定される SELECT ステートメントの制限
--server-public-key-path RSA 公開鍵を含むファイルへのパス名 5.6.6
--shared-memory-base-name 共有メモリー接続に使用する共有メモリーの名前
--show-warnings 各ステートメントのあとに警告があれば表示
--sigint-ignore SIGINT 信号を無視 (通常、Control+C を入力した結果)
--silent サイレントモード
--skip-auto-rehash 自動リハッシュを無効化
--skip-column-names 結果にカラム名を記述しない
--skip-line-numbers エラーの行番号を省略
--skip-named-commands 名前付き mysql コマンドを無効化
--skip-pager ページングを無効化
--skip-reconnect 再接続を無効化
--socket ローカルホストへの接続で、使用する Unix ソケットファイル
--ssl 接続に SSL を有効化
--ssl-ca 信頼された SSL CA のリストを含むファイルのパス
--ssl-capath 信頼された SSL CA の PEM 形式の証明書を含むディレクトリのパス
--ssl-cert PEM 形式の X509 証明書を含むファイルのパス
--ssl-cipher SSL の暗号化に使用される、許可された暗号のリスト
--ssl-crl 証明書失効リストを含むファイルのパス 5.6.3
--ssl-crlpath 証明書失効リストファイルを含むディレクトリのパス 5.6.3
--ssl-key PEM 形式の X509 鍵を含むファイルのパス
--ssl-verify-server-cert サーバーへの接続時に、サーバーの証明書内のコモンネーム値をホスト名に対して検証
--table 出力を表形式で表示
--tee 出力のコピーを指定されたファイルに追加
--unbuffered 各クエリーのあとでバッファーをフラッシュ
--user サーバーへの接続時に使用する MySQL ユーザー名
--verbose 冗長モード
--version バージョン情報を表示して終了
--vertical クエリー出力行を垂直形式で出力 (カラム値ごとに 1 行)
--wait 接続が確立できない場合、中止せずに待機してからリトライ
--xml XML 出力を生成

  • --help, -?

    ヘルプメッセージを表示して終了します。

  • --auto-rehash

    自動リハッシュを有効にします。このオプションはデフォルトでオンになっており、データベース、テーブル、およびカラムの名前補完が可能になります。リハッシュを無効にするには、--disable-auto-rehash を使用します。これにより、mysql の起動がより高速になりますが、名前補完を使用する場合は rehash コマンドまたはそのショートカット \# を発行する必要があります。

    名前を補完するには、最初の部分を入力して Tab を押します。名前があいまいでない場合、mysql がその名前を補完します。そうでない場合は、Tab をもう一度押して、これまでに入力した値で始まる、考えられる名前を表示できます。デフォルトのデータベースがない場合、補完は行われません。

    注記

    この機能では、readline ライブラリでコンパイルされた MySQL クライアントが必要です。通常、readline ライブラリは Windows では使用できません。

  • --auto-vertical-output

    結果セットが現在のウィンドウに対して大きすぎる場合には縦に表示され、そうでない場合は通常の表形式が使用されるようになります。(これは、; または \G で終了するステートメントに適用されます。)

  • --batch, -B

    カラム区切り文字としてタブを使用し、各行を新しい行に出力します。このオプションでは、mysql は履歴ファイルを使用しません。

    バッチモードでは、表形式でない出力が生成され、特殊文字のエスケープ処理が行われます。raw モードを使用すれば、エスケープ処理を無効にできます。--raw オプションの説明を参照してください。

  • --binary-mode

    このオプションは、BLOB 値を含む可能性のある mysqlbinlog の出力を処理する場合に便利です。mysql は、デフォルトではステートメント文字列内の \r\n\n に変換し、\0 をステートメント終端記号と解釈します。--binary-mode ではこの両方の機能が無効になります。また、非インタラクティブモード (mysql にパイプされた入力または source コマンドでロードされた入力) の charset および delimiter を除いて、すべての mysql コマンドも無効になります。

    このオプションは MySQL 5.6.3 で追加されました。

  • --bind-address=ip_address

    複数のネットワークインタフェースを持つコンピュータで、このオプションを使用して、MySQL サーバーへの接続に使用するインタフェースを選択します。

    このオプションは MySQL 5.6.1 からサポートされています。

  • --character-sets-dir=path

    文字セットがインストールされているディレクトリ。セクション10.5「文字セットの構成」を参照してください。

  • --column-names

    結果にカラム名を記述します。

  • --column-type-info, -m

    結果セットのメタデータを表示します。

  • --comments, -c

    サーバーに送信されたステートメント内のコメントを保持するかどうかを指定します。デフォルトは --skip-comments (コメントを破棄) であり、--comments (コメントを保持) で有効になります。

  • --compress, -C

    クライアントとサーバーの両方が圧縮をサポートしている場合、その間で送受信される情報をすべて圧縮します。

  • --connect-expired-password

    サーバーに対し、接続に使用されたアカウントのパスワードの期限が切れている場合に、クライアントがサンドボックスモードを処理できることを示します。通常サーバーは、パスワードの期限の切れたアカウントを使用して接続を試みる非インタラクティブなクライアントを切断するため、これは非インタラクティブに mysql を起動する場合に便利です。(セクション6.3.6「パスワードの期限切れとサンドボックスモード」を参照してください。)このオプションは MySQL 5.6.12 で追加されました。

  • --database=db_name, -D db_name

    使用するデータベース。これは主に、オプションファイルで便利です。

  • --debug[=debug_options], -# [debug_options]

    デバッグのログを書き込みます。一般的な debug_options 文字列は d:t:o,file_name です。デフォルトは d:t:o,/tmp/mysql.trace です。

  • --debug-check

    プログラムの終了時に、デバッグ情報を出力します。

  • --debug-info, -T

    プログラムの終了時に、デバッグ情報とメモリーおよび CPU 使用率の統計を出力します。

  • --default-auth=plugin

    使用するクライアント側の認証プラグイン。セクション6.3.7「プラガブル認証」を参照してください。

  • --default-character-set=charset_name

    クライアントおよび接続で、charset_name をデフォルト文字セットとして使用します。

    オペレーティングシステムが utf8 またはその他のマルチバイト文字セットを使用する場合に生じる一般的な問題は、MySQL クライアントがデフォルトで latin1 文字セットを使用するため、mysql クライアントからの出力が正しくフォーマットされないことです。このような問題は通常、このオプションを使用して、クライアントが代わりにシステムの文字セットを使用するように強制することで解決できます。

    詳細は、セクション10.5「文字セットの構成」を参照してください。

  • --defaults-extra-file=file_name

    このオプションファイルは、グローバルオプションファイルのあとに読み取りますが、(UNIX では) ユーザーオプションファイルの前に読み取るようにしてください。ファイルが存在しないかアクセスできない場合、エラーが発生します。file_name は、フルパス名でなく相対パス名として指定された場合、現行ディレクトリを基準にして解釈されます。

  • --defaults-file=file_name

    指定されたオプションファイルのみ使用します。ファイルが存在しないかアクセスできない場合、エラーが発生します。file_name は、フルパス名でなく相対パス名として指定された場合、現行ディレクトリを基準にして解釈されます。

  • --defaults-group-suffix=str

    通常のオプショングループだけでなく、通常の名前に str のサフィクスが付いたグループも読み取ります。たとえば、mysql は通常 [client] グループおよび [mysql] グループを読み取ります。--defaults-group-suffix=_other オプションを指定した場合、mysql[client_other] グループおよび [mysql_other] グループも読み取ります。

  • --delimiter=str

    ステートメント区切り文字を設定します。デフォルトはセミコロン (;) 文字です。

  • --disable-named-commands

    名前付きコマンドを無効化します。\* 形式のみを使用します。または、セミコロン (;) で終わる行の先頭でのみ名前付きコマンドを使用します。mysql の起動時に、このオプションはデフォルトで有効になっています。ただし、このオプションを使用しても、ロング形式コマンドは最初の行から効果を発揮します。セクション4.5.1.2「mysql コマンド」を参照してください。

  • --enable-cleartext-plugin

    mysql_clear_password 平文認証プラグインを有効にします。(セクション6.3.8.7「クライアント側のクリアテキスト認証プラグイン」を参照してください。)このオプションは MySQL 5.6.7 で追加されました。

  • --execute=statement, -e statement

    ステートメントを実行して、終了します。デフォルトの出力形式は、--batch で生成されるものと同様です。例については、セクション4.2.4「コマンド行でのオプションの使用」を参照してください。このオプションでは、mysql は履歴ファイルを使用しません。

  • --force, -f

    SQL エラーが発生しても続行します。

  • --histignore

    ロギングのために、どのステートメントを無視するかを指定する、コロン区切りの 1 つまたは複数のパターンのリスト。これらのパターンはデフォルトのパターンリスト ("*IDENTIFIED*:*PASSWORD*") に追加されます。このオプションに指定された値は、履歴ファイルに書き込まれるステートメントのロギングに影響します。詳細は、セクション4.5.1.3「mysql のロギング」を参照してください。このオプションは MySQL 5.6.8 で追加されました。

  • --host=host_name, -h host_name

    指定されたホストの MySQL サーバーに接続します。

  • --html, -H

    HTML 出力を生成します。

  • --ignore-spaces, -i

    関数名の後ろのスペースを無視します。これの効果は、IGNORE_SPACE SQL モード (セクション5.1.7「サーバー SQL モード」を参照してください) に関する議論で説明されています。

  • --init-command=str

    サーバーへの接続後に実行する SQL ステートメント。auto-reconnect が有効の場合、ステートメントは再接続が生じたあとに再度実行されます。

  • --line-numbers

    エラーの行番号を書き込みます。--skip-line-numbers で無効にできます。

  • --local-infile[={0|1}]

    LOAD DATA INFILELOCAL 機能を有効または無効にします。値がない場合、オプションは LOCAL を有効にします。このオプションは、LOCAL を明示的に有効または無効にするため、--local-infile=0 または --local-infile=1 として指定できます。サーバーも LOCAL をサポートしていない場合、有効にしても効果はありません。

  • --login-path=name

    指名されたログインパスから .mylogin.cnf ログインファイルのオプションを読み取ります。ログインパスは、hostuser、および password という限定されたオプションのセットのみを許可するオプショングループです。ログインパスは、サーバーホストおよびそのサーバーで認証するための認証情報を示す値のセットであると考えてください。ログインパスファイルを作成するには、mysql_config_editor ユーティリティーを使用します。セクション4.6.6「mysql_config_editor — MySQL 構成ユーティリティー」を参照してください。このオプションは MySQL 5.6.6 で追加されました。

  • --named-commands, -G

    名前付き mysql コマンドを有効にします。ショート形式のコマンドのみではなく、ロング形式のコマンドが許可されます。たとえば、quit\q は両方認識されます。名前付きコマンドを無効化するには、--skip-named-commands を使用します。セクション4.5.1.2「mysql コマンド」を参照してください。

  • --no-auto-rehash, -A

    これは --skip-auto-rehash と同様の効果を持ちます。--auto-rehash の説明を参照してください。

  • --no-beep, -b

    エラー時に音を発生させません。

  • --no-defaults

    オプションファイルを読み取りません。オプションファイルから不明のオプションを読み取ることが原因でプログラムの起動に失敗する場合、--no-defaults を使用して、オプションを読み取らないようにできます。

    例外として、.mylogin.cnf ファイルは、存在する場合はすべての場合に読み取られます。これにより、--no-defaults が使用されたとしても、コマンド行よりも安全な方法でパスワードを指定できます。(.mylogin.cnfmysql_config_editor ユーティリティーによって作成されます。セクション4.6.6「mysql_config_editor — MySQL 構成ユーティリティー」を参照してください)。

  • --one-database, -o

    デフォルトデータベースがコマンド行で指定されたものである間に生じるステートメント以外を無視します。このオプションは初歩的なものであり、注意して使用してください。ステートメントのフィルタリングは USE ステートメントのみに基づいています。

    最初、mysql は入力内のステートメントを実行します。これは、データベース db_name をコマンド行で指定することは USE db_name を入力の最初に挿入することと同等であるためです。次に、USE ステートメントを検出するたびに、mysql は、指名されたデータベースがコマンド行のものであるかによって、後続のステートメントを受け入れまたは拒否します。ステートメントの内容は重要ではありません。

    mysql が次の一連のステートメントを処理するために起動されたとします。

    DELETE FROM db2.t2;
    USE db2;
    DROP TABLE db1.t1;
    CREATE TABLE db1.t1 (i INT);
    USE db1;
    INSERT INTO t1 (i) VALUES(1);
    CREATE TABLE db2.t1 (j INT);

    コマンド行が mysql --force --one-database db1 の場合、mysql は入力を次のように処理します。

    • DELETE ステートメントでは別のデータベースのテーブルが指名されていますが、デフォルトデータベースは db1 であるため、このステートメントは実行されます。

    • DROP TABLE ステートメントおよび CREATE TABLE ステートメントでは db1 のテーブルを指名していますが、デフォルトデータベースが db1 ではないため、これらのステートメントは実行されません。

    • CREATE TABLE ステートメントでは別のデータベースのテーブルが指名されていますが、デフォルトデータベースは db1 であるため、INSERT ステートメントおよび CREATE TABLE ステートメントは実行されます。

  • --pager[=command]

    クエリー出力のページングに、指定されたコマンドを使用します。このコマンドが省略された場合、デフォルトのページャーは PAGER 環境変数の値となります。有効なページャーは、lessmorecat [> filename]、などです。このオプションは Unix でインタラクティブモードの場合のみ機能します。ページングを無効化するには、--skip-pager を使用してください。セクション4.5.1.2「mysql コマンド」には出力のページングの詳細説明があります。

  • --password[=password], -p[password]

    サーバーに接続する際に使用するパスワードです。短いオプション形式 (-p) を使用した場合は、オプションとパスワードの間にスペースを置くことはできません。コマンド行で、--password オプションまたは -p オプションに続けて password の値を指定しなかった場合、mysql はそれを要求します。

    コマンド行でのパスワード指定は、セキュアでないと考えるべきです。セクション6.1.2.1「パスワードセキュリティーのためのエンドユーザーガイドライン」を参照してください。オプションファイルを使用すれば、コマンド行でパスワードを指定することを回避できます。

  • --pipe, -W

    Windows で、名前付きパイプを使用してサーバーに接続します。このオプションは、サーバーが名前付きパイプ接続をサポートしている場合にのみ適用されます。

  • --plugin-dir=path

    プラグインを検索するディレクトリ。--default-auth オプションを使用して認証プラグインを指定したが、mysql がそれを検出できない場合は、このオプションを指定しなければならない可能性があります。セクション6.3.7「プラガブル認証」を参照してください。

  • --port=port_num, -P port_num

    接続に使用する TCP/IP ポート番号。

  • --print-defaults

    プログラム名と、オプションファイルから受け取るすべてのオプションを出力します。

  • --prompt=format_str

    プロンプトを指定された形式に設定します。デフォルトは mysql> です。プロンプト内に含めることができる特別なシーケンスは、セクション4.5.1.2「mysql コマンド」で説明されています。

  • --protocol={TCP|SOCKET|PIPE|MEMORY}

    サーバーへの接続に使用する接続プロトコル。このオプションは、ほかの接続パラメータによって、必要なプロトコル以外のものが通常使用される場合に役立ちます。許可される値の詳細は、セクション4.2.2「MySQL サーバーへの接続」を参照してください。

  • --quick, -q

    各クエリー結果をキャッシュせず、各行を受信ししだい出力します。出力が遅延された場合、サーバーの速度が低下することがあります。このオプションでは、mysql は履歴ファイルを使用しません。

  • --raw, -r

    表形式の出力では、カラムを枠で囲むことにより、1 つのカラム値を別のカラム値と区別できます。表形式でない出力 (バッチモードで生成される場合や --batch または --silent オプションを指定した場合など) では、簡単に識別できるように特殊文字が出力時にエスケープされます。改行、タブ、NUL、およびバックスラッシュはそれぞれ、\n\t\0、および \\ と記述されます。--raw オプションを指定すると、この文字のエスケープ処理は無効になります。

    次の例は、表形式と表形式でない出力の違い、および raw モードを使用してエスケープ処理を無効にした場合を示しています。

    % mysql
    mysql> SELECT CHAR(92);
    +----------+
    | CHAR(92) |
    +----------+
    | \        |
    +----------+
    
    % mysql -s
    mysql> SELECT CHAR(92);
    CHAR(92)
    \\
    
    % mysql -s -r
    mysql> SELECT CHAR(92);
    CHAR(92)
    \
  • --reconnect

    サーバーとの接続が失われたとき、再接続を自動的に試行します。接続が失われるたびに一度再接続が試みられます。再接続動作を抑制するには、--skip-reconnect を使用します。

  • --safe-updates, --i-am-a-dummy, -U

    キー値を使用して変更する行を指定する UPDATE ステートメントおよび DELETE ステートメントのみを許可します。このオプションをオプションファイル内で設定した場合、--safe-updates をコマンド行で使用することでオーバーライドできます。このオプションについては、セクション4.5.1.6「mysql のヒント」を参照してください。

  • --secure-auth

    古い (4.1 より前の) 形式でサーバーにパスワードを送信しません。これにより、新しいパスワード形式を使用するサーバー以外への接続を防ぎます。MySQL 5.6.7 では、このオプションはデフォルトで有効です。無効にするには --skip-secure-auth を使用します。

    注記

    4.1 より前のハッシュ方式を使用するパスワードはネイティブのパスワードハッシュ方式を使用するパスワードよりもセキュアでないため、使用しないようにしてください。4.1 よりも前のパスワードは非推奨であり、これらのサポートは今後の MySQL リリースで削除される予定です。アカウントのアップグレード手順については、セクション6.3.8.3「4.1 よりも前のパスワードハッシュ方式と mysql_old_password プラグインからの移行」を参照してください。

  • --server-public-key-path=file_name

    サーバー RSA 公開鍵を含むファイルへのパス名。ファイルは PEM 形式である必要があります。公開鍵は、sha256_password プラグインによって認証するアカウントを使用して、サーバーへの接続を作成するためのクライアントパスワードの RSA 暗号化に使用されます。このオプションは、そのプラグインによって認証しないクライアントアカウントに対しては無視されます。さらに、クライアントが SSL 接続を使用して、サーバーに接続する場合のように、パスワード暗号化が必要でない場合も無視されます。

    サーバーは必要に応じて公開鍵をクライアントに送信するため、RSA パスワードの暗号化が行われるように、このオプションを使う必要はありません。そうすることで、サーバーは鍵を送信する必要がないため、効率が向上します。

    RSA 公開鍵の取得方法を含め、sha256_password プラグインの使用に関する追加の説明については、セクション6.3.8.4「SHA-256 認証プラグイン」を参照してください。

    このオプションは、MySQL が OpenSSL を使用してビルドされている場合のみ利用できます。MySQL 5.6.6 で --server-public-key という名前で追加され、5.6.7 で --server-public-key-path に名前変更されました。

  • --shared-memory-base-name=name

    Windows で、共有メモリーを使用して作成されるローカルサーバーへの接続の共有メモリー名。デフォルト値は MYSQL です。共有メモリー名では大文字と小文字を区別します。

    共有メモリー接続を可能にするには、サーバーは --shared-memory オプションで起動する必要があります。

  • --show-warnings

    警告が存在する場合、各ステートメント後に表示させます。このオプションはインタラクティブとバッチモードにのみ対応しています。

  • --sigint-ignore

    SIGINT 信号を無視します (通常、Control+C を入力した結果)。

  • --silent, -s

    サイレントモード。出力の生成を少なくします。このオプションを複数回指定して、出力の生成をさらに少なくできます。

    このオプションでは、表形式でない出力が生成され、特殊文字のエスケープ処理が行われます。raw モードを使用すれば、エスケープ処理を無効にできます。--raw オプションの説明を参照してください。

  • --skip-column-names, -N

    結果にカラム名を記述しません。

  • --skip-line-numbers, -L

    エラーの行番号を書き込みません。エラーメッセージを含む結果ファイルを比較する場合に便利です。

  • --socket=path, -S path

    localhost への接続用に使用する、Unix ソケットファイル、または Windows では使用する名前付きパイプの名前。

  • --ssl*

    --ssl で始まるオプションは、SSL を使用してサーバーに接続することを許可するかどうかを指定し、SSL 鍵および証明書を検索する場所を指定します。セクション6.3.10.4「SSL コマンドのオプション」を参照してください。

  • --table, -t

    出力を表形式で表示します。インタラクティブに使用する場合はこれがデフォルトですが、バッチモードで表形式の出力を生成するのにも使用できます。

  • --tee=file_name

    出力のコピーを指定されたファイルに追加します。このオプションはインタラクティブモードの場合のみ機能します。セクション4.5.1.2「mysql コマンド」で、tee ファイルについて詳細に説明しています。

  • --unbuffered, -n

    各クエリー後にバッファーをフラッシュします。

  • --user=user_name, -u user_name

    サーバーへの接続時に使用する MySQL ユーザー名。

  • --verbose, -v

    冗長モード。プログラムの動作についてより多くの出力を生成します。このオプションを複数回指定して、さらに多くの出力を生成できます。(たとえば、-v -v -v ではバッチモードでも表形式の出力を生成します。)

  • --version, -V

    バージョン情報を表示して終了します。

  • --vertical, -E

    クエリー出力行を縦に出力します (カラム値ごとに一行)。このオプションを使用しない場合、個々のステートメントを \G で終了させることにより、縦の出力を指定できます。

  • --wait, -w

    接続が確立できない場合、中止せずに待機してからリトライします。

  • --xml, -X

    XML 出力を生成します。

    <field name="column_name">NULL</field>

    --xmlmysql とともに使用された場合の出力は、mysqldump --xml の出力と一致します。詳細は、セクション4.5.4「mysqldump — データベースバックアッププログラム」を参照してください。

    次に示すように、XML 出力は XML 名前空間も使用します。

    shell> mysql --xml -uroot -e "SHOW VARIABLES LIKE 'version%'"
    <?xml version="1.0"?>
    
    <resultset statement="SHOW VARIABLES LIKE 'version%'" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance">
    <row>
    <field name="Variable_name">version</field>
    <field name="Value">5.0.40-debug</field>
    </row>
    
    <row>
    <field name="Variable_name">version_comment</field>
    <field name="Value">Source distribution</field>
    </row>
    
    <row>
    <field name="Variable_name">version_compile_machine</field>
    <field name="Value">i686</field>
    </row>
    
    <row>
    <field name="Variable_name">version_compile_os</field>
    <field name="Value">suse-linux-gnu</field>
    </row>
    </resultset>

    (Bug #25946 を参照してください。)

--var_name=value を使用して、次の変数も設定できます。

  • connect_timeout

    接続タイムアウトまでの秒数。(デフォルト値は 0 です。)

  • max_allowed_packet

    クライアント/サーバー通信用のバッファーの最大サイズ。デフォルトは 16M バイト、最大は 1G バイトです。

  • max_join_size

    --safe-updates 使用時の、自動的に設定される結合内の行の制限。(デフォルト値は 1,000,000 です。)

  • net_buffer_length

    TCP/IP とソケット通信のバッファーサイズ。(デフォルト値は 16K バイトです。)

  • select_limit

    --safe-updates 使用時の、自動的に設定される SELECT ステートメントの制限。(デフォルト値は 1,000 です。)