Documentation Home
MySQL 8.0 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 36.1Mb
PDF (A4) - 36.2Mb
HTML Download (TGZ) - 10.0Mb
HTML Download (Zip) - 10.1Mb


このページは機械翻訳したものです。

20.3.3.1 コレクションの作成、リストおよびドロップ

MySQL Shell では、新しいコレクションを作成し、スキーマ内の既存のコレクションのリストを取得し、スキーマから既存のコレクションを削除できます。 コレクション名は大/小文字が区別され、各コレクション名は一意である必要があります。

スキーマの確認

スキーマ変数に割り当てられている値を表示するには、次のコマンドを発行します:

mysql-js> db

スキーマ値が Schema:world_x でない場合は、次のコマンドを発行して db 変数を設定します:

mysql-js> \use world_x
コレクションの作成

既存のスキーマに新しいコレクションを作成するには、db オブジェクトの createCollection() メソッドを使用します。 次の例では、world_x スキーマに flags というコレクションを作成します。

mysql-js> db.createCollection("flags")

このメソッドはコレクションオブジェクトを返します。

<Collection:flags>
コレクションのリスト

world_x スキーマ内のすべてのコレクションを表示するには、db オブジェクトの getCollections() メソッドを使用します。 現在接続しているサーバーによって返されるコレクションは、大カッコ内に表示されます。

mysql-js> db.getCollections()
[
    <Collection:countryinfo>,
    <Collection:flags>
]
コレクションのドロップ

スキーマから既存のコレクションを削除するには、db オブジェクトの dropCollection() メソッドを使用します。 たとえば、現行のスキーマから flags コレクションを削除するには、次のコマンドを発行します:

mysql-js> db.dropCollection("flags")

dropCollection() メソッドは、スキーマからリレーショナルテーブルを削除するために MySQL Shell でも使用されます。

関連情報