Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  MySQL パフォーマンススキーマ  /  パフォーマンススキーマステータス変数

22.13 パフォーマンススキーマステータス変数

パフォーマンススキーマは、メモリー制約のためロードまたは作成できなかったインストゥルメンテーションついての情報を提供するいくつかのステータス変数を実装しています。

mysql> SHOW STATUS LIKE 'perf%';
+-------------------------------------------+-------+
| Variable_name                             | Value |
+-------------------------------------------+-------+
| Performance_schema_accounts_lost          | 0     |
| Performance_schema_cond_classes_lost      | 0     |
| Performance_schema_cond_instances_lost    | 0     |
| Performance_schema_file_classes_lost      | 0     |
| Performance_schema_file_handles_lost      | 0     |
| Performance_schema_file_instances_lost    | 0     |
| Performance_schema_hosts_lost             | 0     |
| Performance_schema_locker_lost            | 0     |
| Performance_schema_mutex_classes_lost     | 0     |
| Performance_schema_mutex_instances_lost   | 0     |
| Performance_schema_rwlock_classes_lost    | 0     |
| Performance_schema_rwlock_instances_lost  | 0     |
| Performance_schema_socket_classes_lost    | 0     |
| Performance_schema_socket_instances_lost  | 0     |
| Performance_schema_stage_classes_lost     | 0     |
| Performance_schema_statement_classes_lost | 0     |
| Performance_schema_table_handles_lost     | 0     |
| Performance_schema_table_instances_lost   | 0     |
| Performance_schema_thread_classes_lost    | 0     |
| Performance_schema_thread_instances_lost  | 0     |
| Performance_schema_users_lost             | 0     |
+-------------------------------------------+-------+

パフォーマンススキーマステータス変数には次の意味があります。

  • Performance_schema_accounts_lost

    accounts テーブルがいっぱいであったため、行を追加できなかった回数。この変数は MySQL 5.6.3 で追加されました。

  • Performance_schema_cond_classes_lost

    ロードできなかった条件インストゥルメントの数。

  • Performance_schema_cond_instances_lost

    作成できなかった条件インストゥルメントインスタンスの数。

  • Performance_schema_digest_lost

    events_statements_summary_by_digest テーブルにインストゥルメントできなかったダイジェストインスタンスの数。performance_schema_digests_size の値が小さすぎる場合、これは 0 以外になることがあります。この変数は MySQL 5.6.5 で追加されました。

  • Performance_schema_file_classes_lost

    ロードできなかったファイルインストゥルメントの数。

  • Performance_schema_file_handles_lost

    オープンできなかったファイルインストゥルメントインスタンスの数。

  • Performance_schema_file_instances_lost

    作成できなかったファイルインストゥルメントインスタンスの数。

  • Performance_schema_hosts_lost

    hosts テーブルがいっぱいであったため、行を追加できなかった回数。この変数は MySQL 5.6.3 で追加されました。

  • Performance_schema_locker_lost

    次の状況のため、失われるか記録されないイベント数。

    • イベントが再帰的です (たとえば、A を待機することによって B で待機が発生し、それによって C で待機が発生したなど)。

    • ネストしたイベントスタックの深さが、実装によって課せられる制限より大きいです。

    現在、パフォーマンススキーマによって記録されるイベントは再帰的でないため、この変数は常に 0 になるはずです。

  • Performance_schema_mutex_classes_lost

    ロードできなかった相互排他ロックインストゥルメントの数。

  • Performance_schema_mutex_instances_lost

    作成できなかった相互排他ロックインストゥルメントインスタンスの数。

  • Performance_schema_rwlock_classes_lost

    ロードできなかった rwlock インストゥルメントの数。

  • Performance_schema_rwlock_instances_lost

    作成できなかった rwlock インストゥルメントインスタンスの数。

  • Performance_schema_session_connect_attrs_lost

    接続属性文字列が予約されたストレージより大きかった回数。この変数は MySQL 5.6.7 で追加されました。

  • Performance_schema_socket_classes_lost

    ロードできなかったソケットインストゥルメントの数。この変数は MySQL 5.6.3 で追加されました。

  • Performance_schema_socket_instances_lost

    作成できなかったソケットインストゥルメントインスタンスの数。この変数は MySQL 5.6.3 で追加されました。

  • Performance_schema_stage_classes_lost

    ロードできなかったステージインストゥルメントの数。この変数は MySQL 5.6.3 で追加されました。

  • Performance_schema_statement_classes_lost

    ロードできなかったステートメントインストゥルメントの数。この変数は MySQL 5.6.3 で追加されました。

  • Performance_schema_table_handles_lost

    オープンできなかったテーブルインストゥルメントインスタンスの数。

  • Performance_schema_table_instances_lost

    作成できなかったテーブルインストゥルメントインスタンスの数。

  • Performance_schema_thread_classes_lost

    ロードできなかったスレッドインストゥルメントの数。

  • Performance_schema_thread_instances_lost

    threads テーブルにインストゥルメントできなかったスレッドインスタンスの数。performance_schema_max_thread_instances の値が小さすぎる場合、これは 0 以外になることがあります。

  • Performance_schema_users_lost

    users テーブルがいっぱいであったため、行を追加できなかった回数。この変数は MySQL 5.6.3 で追加されました。

これらの変数を使用して、パフォーマンススキーマのステータスをチェックすることについては、セクション22.5「パフォーマンススキーマステータスモニタリング」を参照してください。