Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  MySQL パフォーマンススキーマ  /  パフォーマンススキーマの原子的および分子的イベント

22.6 パフォーマンススキーマの原子的および分子的イベント

テーブル I/O イベントの場合、events_waits_current には通常 1 行ではなく、2 行あります。たとえば、行フェッチにより、次のような行になる可能性があります。

Row# EVENT_NAME                 TIMER_START TIMER_END
---- ----------                 ----------- ---------
   1 wait/io/file/myisam/dfile        10001 10002
   2 wait/io/table/sql/handler        10000 NULL

行フェッチによりファイルが読み取られます。例では、テーブル I/O フェッチイベントがファイル I/O イベントの前に起動していますが、終了していません (その TIMER_END 値が NULL です)。ファイル I/O イベントはテーブル I/O イベント内にネストされます。

これは、相互排他ロックやファイル I/O などのほかの原子的待機イベントと異なり、テーブル I/O イベントは分子的で、ほかのイベントを含んで (重複して) います。events_waits_current で、テーブル I/O イベントには通常 2 つの行があります。

  • 最新のテーブル I/O 待機イベントについての 1 行

  • 任意の種類の最新の待機イベントについての 1 行

通常、ただし常にではありませんが、どの種類の待機イベントもテーブル I/O イベントと異なります。各従属イベントが完了すると、それは events_waits_current から消去されます。この時点で、および次の従属イベントが開始されるまで、テーブル I/O 待機は、あらゆる種類の最新の待機でもあります。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.