Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  MySQL パフォーマンススキーマ  /  パフォーマンススキーマの原子的および分子的イベント

22.6 パフォーマンススキーマの原子的および分子的イベント

テーブル I/O イベントの場合、events_waits_current には通常 1 行ではなく、2 行あります。たとえば、行フェッチにより、次のような行になる可能性があります。

Row# EVENT_NAME                 TIMER_START TIMER_END
---- ----------                 ----------- ---------
   1 wait/io/file/myisam/dfile        10001 10002
   2 wait/io/table/sql/handler        10000 NULL

行フェッチによりファイルが読み取られます。例では、テーブル I/O フェッチイベントがファイル I/O イベントの前に起動していますが、終了していません (その TIMER_END 値が NULL です)。ファイル I/O イベントはテーブル I/O イベント内にネストされます。

これは、相互排他ロックやファイル I/O などのほかの原子的待機イベントと異なり、テーブル I/O イベントは分子的で、ほかのイベントを含んで (重複して) います。events_waits_current で、テーブル I/O イベントには通常 2 つの行があります。

  • 最新のテーブル I/O 待機イベントについての 1 行

  • 任意の種類の最新の待機イベントについての 1 行

通常、ただし常にではありませんが、どの種類の待機イベントもテーブル I/O イベントと異なります。各従属イベントが完了すると、それは events_waits_current から消去されます。この時点で、および次の従属イベントが開始されるまで、テーブル I/O 待機は、あらゆる種類の最新の待機でもあります。