Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.2Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  MySQL パフォーマンススキーマ  /  パフォーマンススキーマクエリー

22.3 パフォーマンススキーマクエリー

事前フィルタリングは収集されるイベント情報を制限し、特定のユーザーと関係ありません。対照的に、事後フィルタリングは、各ユーザーが、事前フィルタリングの適用後に使用可能なイベントから選択するイベント情報を制限する、適切な WHERE 句でクエリーを使用することによって実行されます。

セクション22.2.3.3「イベントの事前フィルタリング」で、ファイルインストゥルメントの事前フィルタリング方法の例を示しました。イベントテーブルにファイルと非ファイルの両方の情報が格納されている場合、事後フィルタリングはファイルイベントのみの情報を表示するもう 1 つの方法です。イベント選択を適切に制限するには、クエリーに WHERE 句を追加します。

mysql> SELECT THREAD_ID, NUMBER_OF_BYTES
    -> FROM events_waits_history
    -> WHERE EVENT_NAME LIKE 'wait/io/file/%'
    -> AND NUMBER_OF_BYTES IS NOT NULL;
+-----------+-----------------+
| THREAD_ID | NUMBER_OF_BYTES |
+-----------+-----------------+
|        11 |              66 |
|        11 |              47 |
|        11 |             139 |
|         5 |              24 |
|         5 |             834 |
+-----------+-----------------+

User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.