Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.2Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  MySQL パフォーマンススキーマ  /  パフォーマンススキーマとプラグイン

22.14 パフォーマンススキーマとプラグイン

UNINSTALL PLUGIN によってプラグインを削除することは、そのプラグインのコードですでに収集された情報には影響しません。プラグインのロード中にコードの実行に費やされた時間は、プラグインがあとでアンロードされた場合でも費やされます。集計情報を含む関連付けられたイベント情報は、performance_schema データベーステーブルで読み取り可能なままになります。プラグインのインストールと削除の効果の追加情報については、セクション22.5「パフォーマンススキーマステータスモニタリング」を参照してください。

プラグインコードをインストゥルメントするプラグイン実装者は、プラグインをロードするユーザーがその要件を把握できるように、インストゥルメンテーションの特性をドキュメント化してください。たとえば、サードパーティーストレージエンジンでは、そのドキュメントに、エンジンが相互排他ロックおよびその他のインストゥルメントに必要とするメモリーの量を記載してください。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.