Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  MySQL クライアントのデバッグ

24.4.2 MySQL クライアントのデバッグ

統合デバッグパッケージを使用して MySQL クライアントをデバッグできるようにするには、-DWITH_DEBUG=1 を指定して MySQL を構成します。セクション2.9.4「MySQL ソース構成オプション」を参照してください。

クライアントを実行する前に、MYSQL_DEBUG 環境変数を設定します。

shell> MYSQL_DEBUG=d:t:O,/tmp/client.trace
shell> export MYSQL_DEBUG

これにより、クライアントは /tmp/client.trace にトレースファイルを生成します。

独自のクライアントコードに問題がある場合は、動作することがわかっているクライアントを使用してサーバーに接続し、クエリーを実行してください。これを行うには、mysql をデバッグモードで実行します (デバッグを有効にして MySQL をコンパイルしたことを想定しています)。

shell> mysql --debug=d:t:O,/tmp/client.trace

これにより、バグレポートをメール送信するときに役立つ情報が得られます。セクション1.6「質問またはバグをレポートする方法」を参照してください。

クライアントが「正しい」ように見えるコードでクラッシュしている場合は、mysql.h インクルードファイルが MySQL のライブラリファイルと一致していることを確認してください。非常によくある間違いは、古い MySQL インストール環境にある古い mysql.h ファイルを新しい MySQL ライブラリとともに使用していることです。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.