Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  IPv6 ローカルホストアドレスを使用した接続

5.1.9.3 IPv6 ローカルホストアドレスを使用した接続

次の手順では、::1 のローカルホストアドレスを使用してローカルサーバーに接続するクライアントによる IPv6 接続を許可するために、MySQL を構成する方法を示します。ここに示す手順は、システムが IPv6 をサポートしていることを想定しています。

  1. IPv6 接続を受け入れることを許可するための適切な --bind-address オプションを使用して、MySQL Server を開始します。たとえば、次の行をサーバーオプションファイルに入れて、サーバーを再起動します。

    [mysqld]
    bind-address = *   # before 5.6.6, use :: rather than *

    または、サーバーを ::1 にバインドできますが、その場合 TCP/IP 接続のサーバー制限がさらに多くなります。その単一のアドレスについての IPv6 接続のみ受け入れ、IPv4 接続が拒否されます。詳細については、セクション5.1.9.2「IPv6 接続を許可するための MySQL Server の構成」を参照してください。

  2. 管理者としてサーバーに接続し、::1 のローカル IPv6 ホストアドレスから接続するローカルユーザーのアカウントを作成します。

    mysql> CREATE USER 'ipv6user'@'::1' IDENTIFIED BY 'ipv6pass';

    アカウント名で許可される IPv6 アドレスの構文については、セクション6.2.3「アカウント名の指定」を参照してください。CREATE USER ステートメントに加えて、特定の権限をアカウントに付与する GRANT ステートメントを発行できます。ただし、この手順の残りのステップには不要です。

  3. mysql クライアントを呼び出し、新しいアカウントを使用するサーバーに接続します。

    shell> mysql -h ::1 -u ipv6user -pipv6pass
  4. 接続情報を表示する単純なステートメントを試してみます。

    mysql> STATUS
    ...
    Connection:   ::1 via TCP/IP
    ...
    
    mysql> SELECT CURRENT_USER(), @@bind_address;
    +----------------+----------------+
    | CURRENT_USER() | @@bind_address |
    +----------------+----------------+
    | ipv6user@::1   | ::             |
    +----------------+----------------+

User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.