Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  mysql データベーステーブルへの変更に対するロギング形式

5.2.4.4 mysql データベーステーブルへの変更に対するロギング形式

mysql データベース内の付与テーブルの内容は、直接的に (INSERTDELETE などを使用して) または間接的に (GRANTCREATE USER などを使用して) 変更することができます。mysql データベーステーブルに影響するステートメントは、次のルールを使用してバイナリログに書き込まれます。

  • mysql データベーステーブル内のデータを直接変更するデータ操作ステートメントは binlog_format システム変数の設定に従ってログに記録されます。これが関係するステートメントは、INSERTUPDATEDELETEREPLACEDOLOAD DATA INFILESELECT、および TRUNCATE TABLE などです。

  • mysql データベースを間接的に変更するステートメントは、binlog_format の値にかかわらずステートメントとしてログに記録されます。これが関係するステートメントは、GRANTREVOKESET PASSWORDRENAME USERCREATE (CREATE TABLE ... SELECT を除くすべての形式)、ALTER (すべての形式)、および DROP (すべての形式) などです。

CREATE TABLE ... SELECT はデータ定義とデータ操作の組み合わせです。CREATE TABLE 部分はステートメント形式を使用してログに記録され、SELECT 部分は binlog_format の値に従ってログに記録されます。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.