Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.2Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


5.1.9 IPv6 サポート

MySQL での IPv6 のサポートには次の機能があります。

  • MySQL Server は、IPv6 を介して接続するクライアントからの TCP/IP 接続を受け入れることができます。たとえば、次のコマンドは、ローカルホスト上の MySQL Server に IPv6 を介して接続します。

    shell> mysql -h ::1

    この機能を使用するには、2 つのことが満たされている必要があります。

  • MySQL アカウント名には、IPv6 を介してサーバーに接続するクライアントの権限を DBA が指定できるようにするために、IPv6 アドレスが許可されます。セクション6.2.3「アカウント名の指定」を参照してください。IPv6 アドレスは、CREATE USERGRANTREVOKE などのステートメント内のアカウント名に指定できます。例:

    mysql> CREATE USER 'bill'@'::1' IDENTIFIED BY 'secret';
    mysql> GRANT SELECT ON mydb.* TO 'bill'@'::1';
  • IPv6 関数は、文字列と内部形式の IPv6 アドレス形式の間の変換が可能で、値が有効な IPv6 アドレスを表現しているかどうかを検査できます。たとえば、INET6_ATON() および INET6_NTOA()INET_ATON() および INET_NTOA() に類似していますが、IPv4 アドレスに加えて IPv6 アドレスも処理します。セクション12.18「その他の関数」を参照してください。

以降のセクションでは、クライアントが IPv6 を介してサーバーに接続できるようにするために、MySQL をセットアップする方法について説明します。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.