Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


5.1.9 IPv6 サポート

MySQL での IPv6 のサポートには次の機能があります。

  • MySQL Server は、IPv6 を介して接続するクライアントからの TCP/IP 接続を受け入れることができます。たとえば、次のコマンドは、ローカルホスト上の MySQL Server に IPv6 を介して接続します。

    shell> mysql -h ::1

    この機能を使用するには、2 つのことが満たされている必要があります。

  • MySQL アカウント名には、IPv6 を介してサーバーに接続するクライアントの権限を DBA が指定できるようにするために、IPv6 アドレスが許可されます。セクション6.2.3「アカウント名の指定」を参照してください。IPv6 アドレスは、CREATE USERGRANTREVOKE などのステートメント内のアカウント名に指定できます。例:

    mysql> CREATE USER 'bill'@'::1' IDENTIFIED BY 'secret';
    mysql> GRANT SELECT ON mydb.* TO 'bill'@'::1';
  • IPv6 関数は、文字列と内部形式の IPv6 アドレス形式の間の変換が可能で、値が有効な IPv6 アドレスを表現しているかどうかを検査できます。たとえば、INET6_ATON() および INET6_NTOA()INET_ATON() および INET_NTOA() に類似していますが、IPv4 アドレスに加えて IPv6 アドレスも処理します。セクション12.18「その他の関数」を参照してください。

以降のセクションでは、クライアントが IPv6 を介してサーバーに接続できるようにするために、MySQL をセットアップする方法について説明します。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.