Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.1Mb
EPUB - 7.5Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


13.7.5.40 SHOW VARIABLES 構文

SHOW [GLOBAL | SESSION] VARIABLES
    [LIKE 'pattern' | WHERE expr]

SHOW VARIABLES は、MySQL システム変数の値を表示します。この情報はまた、mysqladmin variables コマンドを使用して取得することもできます。LIKE 句 (存在する場合) は、どの変数名と照合するかを示します。セクション21.32「SHOW ステートメントの拡張」で説明されているように、WHERE 句を指定すると、より一般的な条件を使用して行を選択できます。このステートメントにはどの権限も必要ありません。これには、サーバーに接続できることのみが必要です。

GLOBAL 修飾子を指定すると、SHOW VARIABLES は、MySQL への新しい接続に使用される値を表示します。MySQL 5.6 では、変数にグローバル値がない場合、値は表示されません。SESSION を指定すると、SHOW VARIABLES は、現在の接続に有効な値を表示します。修飾子が存在しない場合、デフォルトは SESSION です。LOCALSESSION のシノニムです。

SHOW VARIABLES は、バージョンに依存する表示幅の制限に従います。完全には表示されない非常に長い値を持つ変数の場合、回避策として SELECT を使用します。例:

SELECT @@GLOBAL.innodb_data_file_path;

デフォルトのシステム変数値が適切でない場合は、mysqld の起動時にコマンドオプションを使用して設定できるほか、そのほとんどは SET ステートメントで実行時に変更できます。セクション5.1.5「システム変数の使用」およびセクション13.7.4「SET 構文」を参照してください。

部分的な出力を次に示します。名前と値のリストが、実際のサーバーでは異なることがあります。セクション5.1.4「サーバーシステム変数」では、各変数の意味について説明しています。また、セクション8.11.2「サーバーパラメータのチューニング」には、そのチューニングに関する情報が示されています。

mysql> SHOW VARIABLES;
+-----------------------------------------+---------------------------+
| Variable_name                           | Value                     |
+-----------------------------------------+---------------------------+
| auto_increment_increment                | 1                         |
| auto_increment_offset                   | 1                         |
| autocommit                              | ON                        |
| automatic_sp_privileges                 | ON                        |
| back_log                                | 50                        |
| basedir                                 | /home/jon/bin/mysql-5.5   |
| big_tables                              | OFF                       |
| binlog_cache_size                       | 32768                     |
| binlog_direct_non_transactional_updates | OFF                       |
| binlog_format                           | STATEMENT                 |
| binlog_stmt_cache_size                  | 32768                     |
| bulk_insert_buffer_size                 | 8388608                   |
...
| max_allowed_packet                      | 1048576                   |
| max_binlog_cache_size                   | 18446744073709547520      |
| max_binlog_size                         | 1073741824                |
| max_binlog_stmt_cache_size              | 18446744073709547520      |
| max_connect_errors                      | 10                        |
| max_connections                         | 151                       |
| max_delayed_threads                     | 20                        |
| max_error_count                         | 64                        |
| max_heap_table_size                     | 16777216                  |
| max_insert_delayed_threads              | 20                        |
| max_join_size                           | 18446744073709551615      |
...

| thread_handling                         | one-thread-per-connection |
| thread_stack                            | 262144                    |
| time_format                             | %H:%i:%s                  |
| time_zone                               | SYSTEM                    |
| timed_mutexes                           | OFF                       |
| timestamp                               | 1316689732                |
| tmp_table_size                          | 16777216                  |
| tmpdir                                  | /tmp                      |
| transaction_alloc_block_size            | 8192                      |
| transaction_prealloc_size               | 4096                      |
| tx_isolation                            | REPEATABLE-READ           |
| unique_checks                           | ON                        |
| updatable_views_with_limit              | YES                       |
| version                                 | 5.5.17-log                |
| version_comment                         | Source distribution       |
| version_compile_machine                 | x86_64                    |
| version_compile_os                      | Linux                     |
| wait_timeout                            | 28800                     |
| warning_count                           | 0                         |
+-----------------------------------------+---------------------------+

LIKE 句を指定すると、このステートメントは、そのパターンに一致する名前を持つ変数の行のみを表示します。特定の変数の行を取得するには、LIKE 句を次に示すように使用します。

SHOW VARIABLES LIKE 'max_join_size';
SHOW SESSION VARIABLES LIKE 'max_join_size';

名前がパターンと一致する変数のリストを取得するには、LIKE 句の中で % のワイルドカード文字を使用します。

SHOW VARIABLES LIKE '%size%';
SHOW GLOBAL VARIABLES LIKE '%size%';

ワイルドカード文字は、照合されるパターン内のどの場所でも利用できます。厳密には、_ は任意の 1 文字と一致するワイルドカードであるため、文字どおりに照合するには \_ としてエスケープしてください。実際には、これはほとんど必要ありません。


User Comments
  Posted by Abel Braaksma on October 5, 2006
This SHOW command can also be used in conjunction with WHERE. For example, to show all variables that have a numeric setting higher then zero, you can use:

SHOW VARIABLES WHERE VALUE > 0;

Or, if you would like to see all variables, except the storage engine specific ones, you can use the following expression:

SHOW VARIABLES WHERE Variable_Name NOT LIKE '%myisam%' AND Variable_Name NOT LIKE '%innodb%';
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.