Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.1Mb
EPUB - 7.5Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


13.7.5.11 SHOW CREATE PROCEDURE 構文

SHOW CREATE PROCEDURE proc_name

このステートメントは、MySQL 拡張です。これは、指定されたストアドプロシージャーを再作成するために使用できる正確な文字列を返します。同様のステートメントである SHOW CREATE FUNCTION は、ストアドファンクションに関する情報を表示します (セクション13.7.5.10「SHOW CREATE FUNCTION 構文」を参照してください)。

どちらのステートメントを使用するにも、このルーチンの DEFINER 句で指定されたユーザーであるか、または mysql.proc テーブルへの SELECT アクセス権を持っている必要があります。このルーチン自体に対する権限を持っていない場合、Create Procedure または Create Function フィールドに表示される値は NULL になります。

mysql> SHOW CREATE PROCEDURE test.simpleproc\G
*************************** 1. row ***************************
           Procedure: simpleproc
            sql_mode:
    Create Procedure: CREATE PROCEDURE `simpleproc`(OUT param1 INT)
                      BEGIN
                      SELECT COUNT(*) INTO param1 FROM t;
                      END
character_set_client: latin1
collation_connection: latin1_swedish_ci
  Database Collation: latin1_swedish_ci

mysql> SHOW CREATE FUNCTION test.hello\G
*************************** 1. row ***************************
            Function: hello
            sql_mode:
     Create Function: CREATE FUNCTION `hello`(s CHAR(20))
                      RETURNS CHAR(50)
                      RETURN CONCAT('Hello, ',s,'!')
character_set_client: latin1
collation_connection: latin1_swedish_ci
  Database Collation: latin1_swedish_ci

character_set_client は、このルーチンが作成されたときの character_set_client システム変数のセッション値です。collation_connection は、このルーチンが作成されたときの collation_connection システム変数のセッション値です。Database Collation は、このルーチンが関連付けられているデータベースの照合順序です。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.