Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.1Mb
EPUB - 7.5Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


13.3.6 SET TRANSACTION 構文

SET [GLOBAL | SESSION] TRANSACTION
    transaction_characteristic [, transaction_characteristic] ...

transaction_characteristic:
    ISOLATION LEVEL level
  | READ WRITE
  | READ ONLY

level:
     REPEATABLE READ
   | READ COMMITTED
   | READ UNCOMMITTED
   | SERIALIZABLE

このステートメントは、トランザクションの特性を指定します。これは、カンマで区切られた 1 つ以上の特性値のリストを受け取ります。これらの特性は、トランザクションの分離レベルまたはアクセスモードを設定します。分離レベルは、InnoDB テーブルに対する操作に使用されます。アクセスモードは MySQL 5.6.5 の時点で指定することができ、トランザクションが読み取り/書き込みまたは読み取り専用のどちらのモードで動作するかを示します。

さらに、SET TRANSACTION には、ステートメントのスコープを示すオプションの GLOBAL または SESSION キーワードを含めることができます。

トランザクションの特性のスコープ

トランザクションの特性はグローバルに、現在のセッションに対して、または次のトランザクションに対して設定できます。

  • GLOBAL キーワードを指定すると、このステートメントは、以降のすべてのセッションに対してグローバルに適用されます。既存のセッションは影響を受けません。

  • SESSION キーワードを指定すると、このステートメントは、現在のセッション内で実行される以降のすべてのトランザクションに適用されます。

  • SESSION または GLOBAL キーワードのどちらも指定しない場合、このステートメントは、現在のセッション内で実行される次の (開始されていない) トランザクションに適用されます。

トランザクションの特性をグローバルに変更するには、SUPER 権限が必要です。どのセッションも、そのセッションの特性 (トランザクションの途中であっても)、または次のトランザクションの特性を自由に変更できます。

アクティブなトランザクションが存在する間は、GLOBAL または SESSION を指定しない SET TRANSACTION は許可されません。

mysql> START TRANSACTION;
Query OK, 0 rows affected (0.02 sec)

mysql> SET TRANSACTION ISOLATION LEVEL SERIALIZABLE;
ERROR 1568 (25001): Transaction characteristics can't be changed
while a transaction is in progress

サーバーの起動時にグローバルなデフォルトの分離レベルを設定するには、コマンド行またはオプションファイルで mysqld に対して --transaction-isolation=level オプションを使用します。このオプションの level の値では、スペースではなくダッシュが使用されるため、許可される値は READ-UNCOMMITTEDREAD-COMMITTEDREPEATABLE-READ、または SERIALIZABLE です。たとえば、デフォルトの分離レベルを REPEATABLE READ に設定するには、オプションファイルの [mysqld] セクションで次の行を使用します。

[mysqld]
transaction-isolation = REPEATABLE-READ

グローバルなトランザクション分離レベルやセッションのトランザクション分離レベルは、tx_isolation システム変数を使用して、実行時にチェックまたは設定できます。

SELECT @@GLOBAL.tx_isolation, @@tx_isolation;
SET GLOBAL tx_isolation='REPEATABLE-READ';
SET SESSION tx_isolation='SERIALIZABLE';

同様に、サーバーの起動時または実行時にトランザクションアクセスモードを設定するには、--transaction-read-only オプションまたは tx_read_only システム変数を使用します。デフォルトでは、これらは OFF (モードは読み取り/書き込み) ですが、ON に設定して読み取り専用のデフォルトモードにすることができます。

tx_isolation または tx_read_only のグローバルまたはセッション値を設定することは、SET GLOBAL TRANSACTION または SET SESSION TRANSACTION で分離レベルまたはアクセスモードを設定することと同等です。

分離レベルの詳細および使用方法

InnoDB は、ここで説明されている各トランザクション分離レベルを、異なるロックの方法を使用してサポートしています。ACID 準拠が重要な要件である重要なデータに対する操作の場合は、デフォルトの REPEATABLE READ レベルを使用して高度な一貫性を適用できます。あるいは、正確な一貫性や繰り返し可能な結果がロックのためのオーバーヘッドの量の最少化ほど重要でない一括レポートなどの状況では、READ COMMITTED や場合によっては READ UNCOMMITTED を使用して一貫性のルールを緩和できます。SERIALIZABLEREPEATABLE READ よりさらに厳密なルールを適用し、主に XA トランザクションのほか、並列性やデッドロックに関する問題のトラブルシューティングなどの特殊な状況で使用されます。

これらの分離レベルが InnoDB トランザクションと連携する方法に関する完全な情報については、セクション14.2.2「InnoDB のトランザクションモデルおよびロック」を参照してください。特に、InnoDB のレコードレベルのロック、およびそれを使用してさまざまな種類のステートメントが実行される方法の詳細は、セクション14.2.6「InnoDB のレコード、ギャップ、およびネクストキーロック」およびセクション14.2.8「InnoDB のさまざまな SQL ステートメントで設定されたロック」を参照してください。

次のリストは、MySQL が各種のトランザクションレベルをどのようにサポートするかについて説明しています。このリストは、もっとも一般的に使用されるレベルから使用頻度の低い順に並べられています。

  • REPEATABLE READ

    これが InnoDB のデフォルトの分離レベルです。一貫性読み取りでは、READ COMMITTED 分離レベルとの重要な違いがあります。同じトランザクション内の一貫性読み取りはすべて、最初の読み取りによって確立されたスナップショットを読み取ります。この規則は、同じトランザクション内で複数のプレーン (非ロック) SELECT ステートメントを発行した場合、これらの SELECT ステートメントは互いに関しても一貫性があることを示します。セクション14.2.4「一貫性非ロック読み取り」を参照してください。

    ロック読み取り (FOR UPDATE または LOCK IN SHARE MODE を含む SELECT)、UPDATE、および DELETE ステートメントの場合、ロックは、そのステートメントが一意のインデックスを一意の検索条件または範囲タイプの検索条件のどちらで使用しているかによって異なります。一意の検索条件を使用した一意のインデックスの場合、InnoDB は見つかったインデックスレコードのみをロックし、その前にあるギャップはロックしません。その他の検索条件の場合、InnoDB は、ギャップロックまたはネクストキーロックを使用して、範囲に含まれるギャップへのほかのセッションによる挿入をブロックすることによって、スキャンされたインデックス範囲をロックします。

  • READ COMMITTED

    一貫性 (非ロック) 読み取りに関して、いくぶん Oracle に似た分離レベルです。各一貫性読み取りが (同じトランザクション内であっても)、独自の新しいスナップショットを設定して読み取ります。セクション14.2.4「一貫性非ロック読み取り」を参照してください。

    ロック読み取り (FOR UPDATE または LOCK IN SHARE MODE を含む SELECT)、UPDATE ステートメント、および DELETE ステートメントの場合、InnoDB はインデックスレコードのみをロックし、その前にあるギャップはロックしないため、ロックされたレコードの横への新しいレコードの自由な挿入が許可されます。

    注記

    MySQL 5.6 では、READ COMMITTED 分離レベルが使用されている場合、または非推奨の innodb_locks_unsafe_for_binlog システム変数が有効になっている場合、外部キー制約チェックと重複キーチェックを除き、InnoDB のギャップロックは存在しません。また、一致しない行に対するレコードロックも、MySQL が WHERE 条件を評価したあとに解放されます。

    READ COMMITTED を使用するか、または innodb_locks_unsafe_for_binlog を有効にする場合は、行ベースのバイナリロギングを使用する必要があります

  • READ UNCOMMITTED

    SELECT ステートメントは非ロックの方法で実行されますが、以前のバージョンの行が使用される可能性もあります。そのため、この分離レベルを使用すると、このような読み取りには一貫性がありません。これは、ダーティー読み取りとも呼ばれます。そうでなければ、この分離レベルは READ COMMITTED のように機能します。

  • SERIALIZABLE

    このレベルは REPEATABLE READ に似ていますが、自動コミットが無効になっている場合、InnoDB はすべてのプレーン SELECT ステートメントを SELECT ... LOCK IN SHARE MODE に暗黙的に変換します。自動コミットが有効になっている場合、SELECT は独自のトランザクションです。したがって、読み取り専用であることがわかっているため、一貫性のある (非ロック) 読み取りとして実行された場合は直列化することができ、ほかのトランザクションのためのブロックは必要ありません。(選択された行がほかのトランザクションによって変更された場合、プレーン SELECT で強制的にブロックするには、自動コミットを無効にします。)

トランザクションアクセスモード

MySQL 5.6.5 の時点では、トランザクションアクセスモードは SET TRANSACTION で指定できます。デフォルトでは、トランザクションは読み取り/書き込みモードで実行され、そのトランザクションで使用されるテーブルに対して読み取りと書き込みの両方が許可されます。このモードは、READ WRITE のアクセスモードを使用して明示的に指定できます。

トランザクションアクセスモードが READ ONLY に設定されている場合は、テーブルへの変更が禁止されます。これにより、書き込みが許可されていない場合に可能になる、ストレージエンジンのパフォーマンス向上が実現される可能性があります。

同じステートメント内で READ WRITEREAD ONLY の両方を指定することは許可されません。

読み取り専用モードでは、DML ステートメントを使用して TEMPORARY キーワードで作成されたテーブルは引き続き変更できます。永続的なテーブルと同様に、DDL ステートメントによって行われる変更は許可されません。

READ WRITE および READ ONLY アクセスモードは、START TRANSACTION ステートメントを使用して個々のトランザクションに対しても指定できます。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.