Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
EPUB - 7.5Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


13.1.3 ALTER LOGFILE GROUP 構文

ALTER LOGFILE GROUP logfile_group
    ADD UNDOFILE 'file_name'
    [INITIAL_SIZE [=] size]
    [WAIT]
    ENGINE [=] engine_name

このステートメントは、'file_name' という名前の UNDO ファイルを既存のログファイルグループ logfile_group に追加します。ALTER LOGFILE GROUP ステートメントには、ADD UNDOFILE 句が 1 つだけ存在します。DROP UNDOFILE 句は、現在サポートされていません。

注記

すべての MySQL Cluster ディスクデータオブジェクトが同じ名前空間を共有します。つまり、各ディスクデータオブジェクトは (単に、特定の型の各ディスクデータオブジェクトというだけでなく)、一意の名前が付けられている必要があります。たとえば、テーブルスペースと Undo ログファイルを同じ名前にしたり、Undo ログファイルとデータファイルを同じ名前にしたりすることはできません。

オプションの INITIAL_SIZE パラメータは、UNDO ファイルの初期サイズをバイト単位で設定します。指定されていない場合、初期サイズはデフォルトで 134217728 (128M バイト) になります。MySQL Cluster NDB 7.3.2 より前は、この値は数字で指定する必要がありました。MySQL Cluster NDB 7.3.2 以降では、size のあとにオプションで、my.cnf で使用されるのと同様の、オーダーを示す 1 文字の略語を指定できます。一般に、これは M (M バイト) または G (G バイト) のどちらかの文字です。(Bug #13116514、Bug #16104705、Bug #62858)

32 ビットシステム上では、INITIAL_SIZE のサポートされる最大値は 4294967296 (4G バイト) です。(Bug #29186)

INITIAL_SIZE の許可される最小値は 1048576 (1M バイト) です。(Bug #29574)

注記

WAIT は解析されますが、それ以外は無視されます。このキーワードは現在何の効果もなく、将来の拡張のために用意されています。

ENGINE パラメータ (必須) は、このログファイルグループによって使用されるストレージエンジンを決定します。ここで、engine_name はそのストレージエンジンの名前です。現在、engine_name として受け入れられる値はNDBCLUSTERNDBだけです。この 2 つの値は同等です。

次の例では、ログファイルグループ lg_3 がすでに CREATE LOGFILE GROUP を使用して作成されていることを前提にしています (セクション13.1.14「CREATE LOGFILE GROUP 構文」を参照してください)。

ALTER LOGFILE GROUP lg_3
    ADD UNDOFILE 'undo_10.dat'
    INITIAL_SIZE=32M
    ENGINE=NDBCLUSTER;

ALTER LOGFILE GROUPENGINE = NDBCLUSTER (または、ENGINE = NDB) とともに使用された場合は、UNDO ログファイルが各 MySQL Cluster データノード上に作成されます。INFORMATION_SCHEMA.FILES テーブルをクエリーすることによって、UNDO ファイルが作成されたことを確認したり、それらに関する情報を取得したりできます。例:

mysql> SELECT FILE_NAME, LOGFILE_GROUP_NUMBER, EXTRA
    -> FROM INFORMATION_SCHEMA.FILES
    -> WHERE LOGFILE_GROUP_NAME = 'lg_3';
+-------------+----------------------+----------------+
| FILE_NAME   | LOGFILE_GROUP_NUMBER | EXTRA          |
+-------------+----------------------+----------------+
| newdata.dat |                    0 | CLUSTER_NODE=3 |
| newdata.dat |                    0 | CLUSTER_NODE=4 |
| undo_10.dat |                   11 | CLUSTER_NODE=3 |
| undo_10.dat |                   11 | CLUSTER_NODE=4 |
+-------------+----------------------+----------------+
4 rows in set (0.01 sec)

(セクション21.30.1「INFORMATION_SCHEMA FILES テーブル」を参照してください。)

UNDO_BUFFER_SIZE に使用されるメモリーは、サイズが SharedGlobalMemory データノード構成パラメータの値によって決定されるグローバルプールから取得されます。これには、InitialLogFileGroup データノード構成パラメータの設定により、このオプションに暗黙的に指定されるデフォルト値もすべて含まれます。

ALTER LOGFILE GROUP は、MySQL Cluster のディスクデータストレージでのみ有効です。詳細は、セクション18.5.12「MySQL Cluster ディスクデータテーブル」を参照してください。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.