Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


B.5.2.7 接続が多すぎます

mysqld サーバーに接続しようとしたときに「接続が多すぎます」というエラーが表示される場合は、使用可能なすべての接続がほかのクライアントによって使用されていることを意味します。

許可される接続数は、max_connections システム変数によって制御されます。デフォルト値は、MySQL が Apache Web サーバーとともに使用された場合にパフォーマンスを向上させるために 151 です。(以前のデフォルトは 100 でした。)より多くの接続をサポートする必要がある場合は、この変数により大きい値を設定してください。

mysqld は実際には max_connections+1 クライアントの接続を許可します。余分な接続は、SUPER 権限を持つアカウントが使用するために予約されています。SUPER 権限を管理者に付与して、通常のユーザー (その権限の必要のないユーザー) に付与しないことによって、権限のないクライアントが最大数接続されていても、管理者はサーバーに接続して SHOW PROCESSLIST を使用し、問題を診断することができます。セクション13.7.5.30「SHOW PROCESSLIST 構文」を参照してください。

MySQL がサポートできる接続の最大数は、対象となるプラットフォームのスレッドライブラリの品質、使用可能な RAM の量、各接続で使用される RAM の量、各接続からのワークロード、および望ましい応答時間によって異なります。Linux または Solaris は、通常、500 から 1000 の同時接続をサポートでき、使用可能な RAM が数ギガバイトあり、各接続からのワークロードが少なく、応答時間の目標が厳しくない場合は、10,000 接続をサポートできます。Windows では、そのプラットフォームで使用されている POSIX 互換レイヤーのために、(オープンしているテーブル × 2 + オープンしている接続) < 2048 に制限されています。

open-files-limit を増やすことが必要となる可能性があります。MySQL が使用できるハンドル数に関するオペレーティングシステムの制限を緩和する方法については、セクション2.5「Linux に MySQL をインストールする」も参照してください。