Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


B.5.7.2 TEMPORARY テーブルに関する問題

次のリストは、TEMPORARY テーブルの使用に関する制限を示しています。

  • TEMPORARY テーブルのタイプは、MEMORYMyISAMMERGE、または InnoDB のみです。

    MySQL Cluster では、一時テーブルはサポートされません。

  • 同じクエリーで TEMPORARY テーブルを複数回参照することはできません。たとえば、次のステートメントは動作しません。

    mysql> SELECT * FROM temp_table, temp_table AS t2;
    ERROR 1137: Can't reopen table: 'temp_table'

    このエラーは、ストアドファンクション内で別のエイリアスで一時テーブルが複数回参照された場合にも発生します。これは、ファンクション内の別のステートメントで参照されていても発生します。

  • SHOW TABLES ステートメントでは TEMPORARY テーブルは一覧表示されません。

  • RENAME を使用して TEMPORARY テーブルの名前を変更することはできません。ただし、代わりに ALTER TABLE を使用できます。

    mysql> ALTER TABLE orig_name RENAME new_name;
  • レプリケーションで一時テーブルを使用する場合の既知の問題があります。詳細は、セクション17.4.1「レプリケーションの機能と問題」を参照してください。

  • 一時テーブルがストアドファンクションの外部で作成されて、複数の呼び出し元関数および呼び出し先関数で参照される場合は、次のエラーが発生することがあります。

    ERROR 1137: Can't reopen table: 'temp_table'