Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


B.5.5.4 カラムエイリアスに関する問題

エイリアスをクエリーの選択リストに使用すると、カラムを別の名前にすることができます。GROUP BYORDER BY、または HAVING 句でエイリアスを使用して、カラムを参照できます。

SELECT SQRT(a*b) AS root FROM tbl_name
  GROUP BY root HAVING root > 0;
SELECT id, COUNT(*) AS cnt FROM tbl_name
  GROUP BY id HAVING cnt > 0;
SELECT id AS 'Customer identity' FROM tbl_name;

標準 SQL では、WHERE 句でのカラムエイリアスへの参照は許可されません。WHERE 句が評価されるときに、カラム値がまだ判別されていない場合があるため、この制限が課されています。たとえば、次のクエリーは不正です。

SELECT id, COUNT(*) AS cnt FROM tbl_name
  WHERE cnt > 0 GROUP BY id;

WHERE 句は GROUP BY 句に含められる行を判別しますが、行が選択されるまでわからないカラム値のエイリアスを参照して GROUP BY によってグループ化しています。

クエリーの選択リストで、引用したカラムエイリアスを指定するには、識別子または文字列引用文字を使用します。

SELECT 1 AS `one`, 2 AS 'two';

ステートメント内のどこに指定する場合でも、エイリアスへの引用した参照には、識別子引用符を使用する必要があります。そうしないと、参照は文字列リテラルとして扱われます。たとえば、次のステートメントはカラム id の値によってグループ化され、エイリアス `a` を使用して参照されます。

SELECT id AS 'a', COUNT(*) AS cnt FROM tbl_name
  GROUP BY `a`;

ただし、次のステートメントはリテラル文字列 'a' によってグループ化され、予期したとおりに動作しません。

SELECT id AS 'a', COUNT(*) AS cnt FROM tbl_name
  GROUP BY 'a';

User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.