Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


B.5.2.19 テーブルの破損の問題

--myisam-recover-options を指定して mysqld を起動した場合、MySQL は「not closed properly」または「crashed」としてマークされている MyISAM テーブルを自動的にチェックして修復しようとします。これが発生した場合、MySQL は hostname.err ファイルに「警告: テーブル ... をチェックしています」と書き込み、テーブルを修復する必要がある場合は、「警告: テーブルを修復しています」がそのあとに書き込まれます。これらのエラーを多数受け取り、その直前に予期しない mysqld の停止がなかった場合は、何らかの問題があるため、さらに調査する必要があります。

MySQL 5.6 では、サーバーが MyISAM テーブルの破損を検出すると、追加の情報 (ソースファイルの名前と行番号、テーブルにアクセスしていたスレッドのリストなど) をエラーログに書き込みます。たとえば、「thread_id=1 からエラーを受け取りました。mi_dynrec.c:368」です。これは、バグレポートに含めると役に立つ情報です。

セクション5.1.3「サーバーコマンドオプション」およびセクション24.4.1.7「テーブルが破損した場合のテストケースの作成」も参照してください。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.