Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


B.5.2.19 テーブルの破損の問題

--myisam-recover-options を指定して mysqld を起動した場合、MySQL は「not closed properly」または「crashed」としてマークされている MyISAM テーブルを自動的にチェックして修復しようとします。これが発生した場合、MySQL は hostname.err ファイルに「警告: テーブル ... をチェックしています」と書き込み、テーブルを修復する必要がある場合は、「警告: テーブルを修復しています」がそのあとに書き込まれます。これらのエラーを多数受け取り、その直前に予期しない mysqld の停止がなかった場合は、何らかの問題があるため、さらに調査する必要があります。

MySQL 5.6 では、サーバーが MyISAM テーブルの破損を検出すると、追加の情報 (ソースファイルの名前と行番号、テーブルにアクセスしていたスレッドのリストなど) をエラーログに書き込みます。たとえば、「thread_id=1 からエラーを受け取りました。mi_dynrec.c:368」です。これは、バグレポートに含めると役に立つ情報です。

セクション5.1.3「サーバーコマンドオプション」およびセクション24.4.1.7「テーブルが破損した場合のテストケースの作成」も参照してください。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.