Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.2Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  InnoDB の MySQL パフォーマンススキーマとの統合

14.13.11 InnoDB の MySQL パフォーマンススキーマとの統合

MySQL 5.5 を含む InnoDB 1.1 から、MySQL パフォーマンススキーマ機能を使用して InnoDB の特定の内部操作をプロファイルできます。このタイプのチューニングは主に、MySQL のパフォーマンスの制限をプッシュしたり、MySQL のソースコードを読んだり、パフォーマンスのボトルネックを克服するための最適化方法を評価したりする上級ユーザー向けです。DBA はまた、この機能を容量計画に使用することにより、標準的なワークロードのときに CPU、RAM、およびディスクストレージの特定の組み合わせでパフォーマンスのボトルネックが発生するかどうかを確認し、発生する場合は、システムの一部の容量を増やすことでパフォーマンスを向上させることができるかどうかを判断することもできます。

この機能を使用して InnoDB のパフォーマンスを検査するには:

  • セクション22.2「パフォーマンススキーマ構成」で説明されているように、パフォーマンススキーマ機能が使用可能で、かつ有効になっている状態で MySQL 5.5 以降を実行している必要があります。パフォーマンススキーマ機能によってある程度のパフォーマンスオーバーヘッドが導入されるため、この機能は本番システムではなく、テストまたは開発システムで使用するようにしてください。

  • たとえば、performance_schema データベース内のテーブルをクエリーする方法など、パフォーマンススキーマ機能の使用方法に全般的に精通している必要があります。

  • 次の種類の InnoDB オブジェクトは、対応する performance_schema テーブルをクエリーすることによって検査します。InnoDB に関連した項目はすべて、EVENT_NAME カラム内に部分文字列 innodb を含んでいます。

    *_instances テーブルの定義については、セクション22.9.3「パフォーマンススキーマインスタンステーブル」を参照してください。*_summary_* テーブルの定義については、セクション22.9.9「パフォーマンススキーマサマリーテーブル」を参照してください。thread テーブルの定義については、セクション22.9.10「パフォーマンススキーマのその他のテーブル」を参照してください。*_current_* および *_history_* テーブルの定義については、セクション22.9.4「パフォーマンススキーマ待機イベントテーブル」を参照してください。

    • mutex_instances テーブル内の相互排他ロック。(ここには、InnoDB バッファープールに関連した相互排他ロックと読み書きロックは含まれていません。同じことが、SHOW ENGINE INNODB MUTEX コマンドの出力にも適用されます。)

    • rwlock_instances テーブル内の読み書きロック

    • file_instancesfile_summary_by_event_name、および file_summary_by_instance テーブル内のファイル I/O 操作。

    • PROCESSLIST テーブル内のスレッド

  • パフォーマンステスト中に、events_waits_current および events_waits_history_long テーブル内のパフォーマンスデータを検査します。InnoDB 関連のオブジェクトに特に関心がある場合は、句 WHERE EVENT_NAME LIKE '%innodb%' を使用してそれらのエントリだけを確認します。それ以外の場合は、MySQL サーバー全体のパフォーマンス統計を検査します。

MySQL パフォーマンススキーマの詳細は、第22章「MySQL パフォーマンススキーマを参照してください。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.