Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.2Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


14.18.5.5 memcached 操作に合わせた DML ステートメントの改変

ベンチマークでは、InnoDB memcached プラグインは、クエリーを高速化するだけではなく DML 操作 (挿入、更新、および削除) を高速化することが示唆されています。初期の開発作業では、書き込み処理の多い I/O バウンドのアプリケーションに集中し、書き込み処理の多い新しい種類のアプリケーションで MySQL を使用する機会を検討する方がよい場合もあります。

  • INSERT INTO t1 (key,val) VALUES (some_key,some_value);
    SELECT val FROM t1 WHERE key = some_key;
    UPDATE t1 SET val = new_value WHERE key = some_key;
    UPDATE t1 SET val = val + x WHERE key = some_key;
    DELETE FROM t1 WHERE key = some_key;

    単一行の DML ステートメントは memcached 操作に変換するもっとも単純な種類のステートメントで、INSERTadd に、UPDATEsetincr、または decr に、DELETEdelete になります。memcached インタフェースを介して発行すると、テーブル内でキーは一意であるため、これらの操作は 1 行のみに影響を与えることができます。

    前述の SQL の例で、t1innodb_memcache.containers テーブルの構成設定に基づき InnoDB memcached プラグインによって現在使用されているテーブルを参照し、keykey_columns の下にリストされているカラムを参照し、valvalue_columns の下にリストされているカラムを参照します。

  • TRUNCATE TABLE t1;
    DELETE FROM t1;

    前のステップのように、t1memcached 操作についてのテーブルとして構成されている場合に、flush_all 操作に相当します。テーブル中のすべての行を削除します。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.