Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


14.18.5.5 memcached 操作に合わせた DML ステートメントの改変

ベンチマークでは、InnoDB memcached プラグインは、クエリーを高速化するだけではなく DML 操作 (挿入、更新、および削除) を高速化することが示唆されています。初期の開発作業では、書き込み処理の多い I/O バウンドのアプリケーションに集中し、書き込み処理の多い新しい種類のアプリケーションで MySQL を使用する機会を検討する方がよい場合もあります。

  • INSERT INTO t1 (key,val) VALUES (some_key,some_value);
    SELECT val FROM t1 WHERE key = some_key;
    UPDATE t1 SET val = new_value WHERE key = some_key;
    UPDATE t1 SET val = val + x WHERE key = some_key;
    DELETE FROM t1 WHERE key = some_key;

    単一行の DML ステートメントは memcached 操作に変換するもっとも単純な種類のステートメントで、INSERTadd に、UPDATEsetincr、または decr に、DELETEdelete になります。memcached インタフェースを介して発行すると、テーブル内でキーは一意であるため、これらの操作は 1 行のみに影響を与えることができます。

    前述の SQL の例で、t1innodb_memcache.containers テーブルの構成設定に基づき InnoDB memcached プラグインによって現在使用されているテーブルを参照し、keykey_columns の下にリストされているカラムを参照し、valvalue_columns の下にリストされているカラムを参照します。

  • TRUNCATE TABLE t1;
    DELETE FROM t1;

    前のステップのように、t1memcached 操作についてのテーブルとして構成されている場合に、flush_all 操作に相当します。テーブル中のすべての行を削除します。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.