Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  InnoDB memcached インタフェース用のアプリケーションの作成

14.18.5 InnoDB memcached インタフェース用のアプリケーションの作成

一般的に、InnoDB memcached インタフェース用のアプリケーションの作成には、MySQL または memcached API を使用する既存コードの再作成または改変が含まれます。

  • 多くの memcached サーバーを低性能のマシン上で実行させる代わりに、MySQL Server と同数の memcached サーバーを用意し、十分な量のディスクストレージおよびメモリーを持つ比較的高性能のマシン上で実行させます。memcached API とともに動作する既存のコードを一部再利用する場合もありますが、サーバー構成が異なるため、一部の改変が必要になる場合があります。

  • このインタフェースから格納されたデータはすべて、VARCHARTEXT、または BLOB カラムに入るため、数値的な操作を行うために変換する必要があります。この変換は、アプリケーション側で行うことも、クエリー内で CAST() 関数を使用して行うこともできます。

  • データベースバックグラウンドから使用する場合、多くのカラムを備えた汎用の SQL テーブルを使用する場合があります。memcached コードによってアクセスするテーブルは、データ値を保持するカラムが 2 つか 3 つ、または 1 つのみの場合もあります。

  • コードの重要なセクションからパフォーマンスを引き出すために、単一行のクエリー、挿入、更新、または削除を実行するアプリケーションの一部を改変することがあります。クエリー (読み取り) および DML (書き込み) の両方の操作は、memcached インタフェースを介して実行すると大幅に高速化できます。書き込み速度の向上は読み取り速度の向上より大きいため、ロギングを行なったり、Web サイトでの対話を記録したりするコードの改変に的を絞るのがよい場合もあります。

次のセクションでは、これらの側面をより詳細に見ていきます。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.