Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.2Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  InnoDB memcached インタフェース用のアプリケーションの作成

14.18.5 InnoDB memcached インタフェース用のアプリケーションの作成

一般的に、InnoDB memcached インタフェース用のアプリケーションの作成には、MySQL または memcached API を使用する既存コードの再作成または改変が含まれます。

  • 多くの memcached サーバーを低性能のマシン上で実行させる代わりに、MySQL Server と同数の memcached サーバーを用意し、十分な量のディスクストレージおよびメモリーを持つ比較的高性能のマシン上で実行させます。memcached API とともに動作する既存のコードを一部再利用する場合もありますが、サーバー構成が異なるため、一部の改変が必要になる場合があります。

  • このインタフェースから格納されたデータはすべて、VARCHARTEXT、または BLOB カラムに入るため、数値的な操作を行うために変換する必要があります。この変換は、アプリケーション側で行うことも、クエリー内で CAST() 関数を使用して行うこともできます。

  • データベースバックグラウンドから使用する場合、多くのカラムを備えた汎用の SQL テーブルを使用する場合があります。memcached コードによってアクセスするテーブルは、データ値を保持するカラムが 2 つか 3 つ、または 1 つのみの場合もあります。

  • コードの重要なセクションからパフォーマンスを引き出すために、単一行のクエリー、挿入、更新、または削除を実行するアプリケーションの一部を改変することがあります。クエリー (読み取り) および DML (書き込み) の両方の操作は、memcached インタフェースを介して実行すると大幅に高速化できます。書き込み速度の向上は読み取り速度の向上より大きいため、ロギングを行なったり、Web サイトでの対話を記録したりするコードの改変に的を絞るのがよい場合もあります。

次のセクションでは、これらの側面をより詳細に見ていきます。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.