Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.2Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


14.18 InnoDB と memcached の統合

memcached デーモンは、MySQL データベースサーバーの前面のインメモリーキャッシュレイヤーとして頻繁に使用されます。InnoDB memcached プラグインの導入により、MySQL は memcached プロトコルおよびクライアントライブラリを使用して、InnoDB テーブルに直接アクセスできるようになりました。

InnoDB memcached プラグインは、InnoDB テーブルへのデータの自動保管およびテーブルからのデータの自動取得が可能な組み込み型の memcached デーモンを提供し、MySQL Server を高速なキー/値ストアに変換させます。クエリーを SQL で作成する代わりに、SQL 構文解析およびクエリー最適化プランの作成のパフォーマンスオーバーヘッドを回避する、単純な get、set、および increment 操作を実行できます。また、簡便性、複雑なクエリー、一括操作、アプリケーション互換性、および従来のデータベースソフトウェアが持つその他の強みを活かすために、SQL を使用して同じ InnoDB テーブルにアクセスすることもできます。

この NoSQL スタイルのインタフェースは、memcached API を使用してデータベース操作を高速化し、InnoDB がそのバッファープールメカニズムを使用してメモリーキャッシュを処理します。ADDSETINCR などの memcached 操作によって変更されたデータは、変更バッファリング二重書き込みバッファークラッシュリカバリなどの InnoDB メカニズムを使用してディスクに格納されます。memcached の簡便性と InnoDB の信頼性および一貫性の組み合わせにより、セクション14.18.1「InnoDB と memcached の組み合わせの利点」で説明されている両方の優れた点がユーザーに提供されます。コンポーネントを互いに組み合わせる方法に関する詳細なアーキテクチャーについては、セクション14.18.2「InnoDB および memcached の統合のアーキテクチャー」を参照してください。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.