Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  mysqldump を使用したアップグレードの非互換性のテスト

7.4.5.5 mysqldump を使用したアップグレードの非互換性のテスト

MySQL のアップグレードを検討する場合、新しいバージョンを現在の本番バージョンとべつにインストールすることが賢明です。これによって、本番サーバーからデータベースとデータベースオブジェクト定義をダンプし、新しいサーバーにロードして、それらが正しく処理されることを確認できます。(これはダウングレードのテストの場合にも役立ちます。)

本番サーバーで:

shell> mysqldump --all-databases --no-data --routines --events > dump-defs.sql

アップグレードされたサーバーで:

shell> mysql < dump-defs.sql

ダンプファイルにはテーブルデータが含まれないため、すばやく処理できます。これにより、長いデータロード操作を待つことなく、可能性のある非互換性を見分けることができます。ダンプファイルの処理中の警告やエラーを探します。

定義が正しく処理されていることを確認したら、データをダンプし、それをアップグレードしたサーバーにロードしてみます。

本番サーバーで:

shell> mysqldump --all-databases --no-create-info > dump-data.sql

アップグレードされたサーバーで:

shell> mysql < dump-data.sql

ここでテーブルの内容を確認し、いくつかのテストクエリーを実行します。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.