Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 20.9Mb
PDF (A4) - 21.0Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  mysqldump を使用したアップグレードの非互換性のテスト

7.4.5.5 mysqldump を使用したアップグレードの非互換性のテスト

MySQL のアップグレードを検討する場合、新しいバージョンを現在の本番バージョンとべつにインストールすることが賢明です。これによって、本番サーバーからデータベースとデータベースオブジェクト定義をダンプし、新しいサーバーにロードして、それらが正しく処理されることを確認できます。(これはダウングレードのテストの場合にも役立ちます。)

本番サーバーで:

shell> mysqldump --all-databases --no-data --routines --events > dump-defs.sql

アップグレードされたサーバーで:

shell> mysql < dump-defs.sql

ダンプファイルにはテーブルデータが含まれないため、すばやく処理できます。これにより、長いデータロード操作を待つことなく、可能性のある非互換性を見分けることができます。ダンプファイルの処理中の警告やエラーを探します。

定義が正しく処理されていることを確認したら、データをダンプし、それをアップグレードしたサーバーにロードしてみます。

本番サーバーで:

shell> mysqldump --all-databases --no-create-info > dump-data.sql

アップグレードされたサーバーで:

shell> mysql < dump-data.sql

ここでテーブルの内容を確認し、いくつかのテストクエリーを実行します。