Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.2Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


7.6.2 MyISAM テーブルのエラーのチェック方法

MyISAM テーブルをチェックするには、次のコマンドを使用します。

  • myisamchk tbl_name

    これはすべてのエラーの 99.99% を発見します。これで発見できないエラーは、データファイルのみに関連する破損です (きわめてまれです)。テーブルをチェックする場合、通常、myisamchk をオプションなし、または -s (サイレント) オプションで実行してください。

  • myisamchk -m tbl_name

    これはすべてのエラーの 99.999% を発見します。それは最初にすべてのインデックスエントリでエラーをチェックし、次にすべての行を読み取ります。それは行内のすべてのキー値のチェックサムを計算し、チェックサムがインデックスツリー内のキーのチェックサムと一致することを確認します。

  • myisamchk -e tbl_name

    これはすべてのデータの完全で徹底的なチェックを実行します (-e拡張チェックを意味します)。それは各行のすべてのキーのチェック読み取りを実行し、それらが実際に正しい行を指していることを確認します。これは、多数のインデックスを持つ大きなテーブルの場合に長い時間がかかることがあります。通常、myisamchk は見つかった最初のエラーのあとで停止します。詳細情報を取得する場合は、-v (verbose) オプションを追加できます。これにより、myisamchk は最大 20 のエラーまで続行します。

  • myisamchk -e -i tbl_name

    これは、前述のコマンドと同様ですが、-i オプションは myisamchk に追加の統計情報を出力するように伝えます。

ほとんどの場合、テーブルをチェックするためには、テーブル名以外の引数なしの単純な myisamchk コマンドで十分です。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.