Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 20.9Mb
PDF (A4) - 21.0Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


7.4.5.2 サーバー間でのデータベースのコピー

サーバー 1 で:

shell> mysqldump --databases db1 > dump.sql

サーバー 1 からサーバー 2 にダンプファイルをコピーします。

サーバー 2 で:

shell> mysql < dump.sql

mysqldump コマンド行で --databases を使用すると、それが存在する場合にデータベースを作成し、それをリロードされるデータのデフォルトのデータベースにする CREATE DATABASE および USE ステートメントがダンプファイルに含まれます。

または、mysqldump コマンドから --databases を省略できます。次に、必要に応じて、サーバー 2 にデータベースを作成し、それをダンプファイルのリロード時のデフォルトのデータベースとして指定する必要があります。

サーバー 1 で:

shell> mysqldump db1 > dump.sql

サーバー 2 で:

shell> mysqladmin create db1
shell> mysql db1 < dump.sql

この場合、別のデータベース名を指定できるため、mysqldump コマンドから --databases を省略すると、あるデータベースからデータをダンプし、別のデータベースにそれをロードすることができます。