Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


7.4.5.4 テーブル定義と内容の個別のダンプ

--no-data オプションは mysqldump にテーブルデータをダンプしないように伝えるため、ダンプファイルにはテーブルを作成するステートメントのみが含まれます。逆に、--no-create-info オプションは、ダンプファイルにテーブルデータのみが含まれるように、mysqldump に出力から CREATE ステートメントを抑制するように伝えます。

たとえば、test データベースのテーブル定義とデータを別々にダンプするには、これらのコマンドを使用します。

shell> mysqldump --no-data test > dump-defs.sql
shell> mysqldump --no-create-info test > dump-data.sql

定義のみのダンプの場合、ストアドルーチンとイベントの定義も含めるには、--routines および --events オプションを追加します。

shell> mysqldump --no-data --routines --events test > dump-defs.sql

User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
  Posted by Todd Keup on February 23, 2011
It would be nice to be able to have only the DROP TABLE statements. I created a workaround using mysqldump and perl:

mysqldump -u username -p database --skip-opt --add-drop-table --skip-comments --no-data | perl -pe "s/^([^D]|drop\S)[^\n]*\n//ig" > test.sql
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.