Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.2Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  空間関数による引数処理

12.15.2 空間関数による引数処理

空間値 (または幾何図形) は、セクション11.5.2.2「Geometry クラス」で説明されているプロパティーを持っています。次の説明では、空間関数の一般的な引数処理特性を一覧表示します。特定の関数または関数のグループには、追加の引数処理特性がある場合があります。これらについては、これらの関数の説明が行われるセクションで説明されています。

空間関数は、有効な幾何値に対してのみ定義されています。無効な幾何図形が空間関数に渡された場合の結果は定義されていません。

幾何図形の空間参照識別子 (SRID) は、その幾何図形が定義されている座標空間を識別します。MySQL の SRID 値は、幾何値に関連付けられた整数です。ただし、すべての計算が実際の SRID 値には関係なく、デカルト (平面) 座標を表す SRID 0 を想定して実行されます。将来は、指定された SRID 値が計算で使用される可能性があります。SRID 0 の動作を保証するには、SRID 0 を使用して幾何図形を作成します。SRID 0 は、SRID が指定されていない場合の新しい幾何図形のためのデフォルトです。

使用可能な SRID の最大値は 232−1 です。より大きな値が指定されると、低位の 32 ビットだけが使用されます。

どの空間関数によって生成された幾何値も、その幾何図形の引数の SRID を継承します。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.