Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.2Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


8.9.2.5 キーキャッシュブロックサイズ

key_cache_block_size 変数を使用して、個々のキーキャッシュのブロックバッファーのサイズを指定できます。これによって、インデックスファイルの I/O 操作のパフォーマンスをチューニングできます。

I/O 操作の最適なパフォーマンスは、読み取りバッファーのサイズがネイティブオペレーティングシステム I/O バッファーのサイズに等しい場合に達成されます。ただし、キーノードのサイズを I/O バッファーのサイズと等しく設定しても、常に全体の最適なパフォーマンスが確保されるわけではありません。大きなリーフノードを読み取る場合、サーバーは大量の不要なデータを取り出し、事実上ほかのリーフノードの読み取りを妨げます。

MyISAM テーブルの .MYI インデックスファイルのブロックのサイズを制御するには、サーバーの起動時に --myisam-block-size オプションを使用します。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.