Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  InnoDB DDL 操作の最適化

8.5.6 InnoDB DDL 操作の最適化

  • テーブルとインデックスに対する DDL 操作 (CREATEALTER、および DROP ステートメント) で、InnoDB テーブルのもっとも重要な側面は、MySQL 5.5 以上でのセカンダリインデックスの作成と削除が MySQL 5.1 以前よりはるかに速くなっていることです。詳細は、InnoDB Fast Index Creationを参照してください。

  • 高速のインデックス作成により、特定の場合で、データをテーブルにロードする前にインデックスを削除し、次にデータのロード後にインデックスを再作成することが高速になります。

  • テーブルを空にするには DELETE FROM tbl_name ではなく、TRUNCATE TABLE を使用します。外部キー制約により、TRUNCATE ステートメントを通常の DELETE ステートメントのように動作させることができます。その場合、DROP TABLECREATE TABLE のようなコマンドのシーケンスがもっとも速くなる可能性があります。

  • 主キーは、各 InnoDB テーブルのストレージレイアウトに不可欠であり、主キーの定義の変更には、テーブル全体の再編成が必要であるため、常に主キーを CREATE TABLE ステートメントの一部としてセットアップし、あとで主キーを ALTER または DROP する必要がないように、事前に計画してください。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.