Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.2Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  Enterprise Encryption のインストール

12.17.1 Enterprise Encryption のインストール

Enterprise Encryption の関数は、プラグインディレクトリ (plugin_dir システム変数で名前が指定されたディレクトリ) にインストールされたユーザー定義関数 (UDF) ライブラリファイルに配置されています。UDF ライブラリのベース名は openssl_udf であり、サフィクスはプラットフォームに依存します。たとえば、ファイル名は Linux では openssl_udf.so、Windows では openssl_udf.dll です。

ライブラリファイルから関数をインストールするには、CREATE FUNCTION ステートメントを使用します。ライブラリからすべての関数をロードするには、次のステートメントセットを使用します (必要に応じて、ファイル名サフィクスを調整します)。

CREATE FUNCTION asymmetric_decrypt RETURNS STRING
  SONAME 'openssl_udf.so';
CREATE FUNCTION asymmetric_derive RETURNS STRING
  SONAME 'openssl_udf.so';
CREATE FUNCTION asymmetric_encrypt RETURNS STRING
  SONAME 'openssl_udf.so';
CREATE FUNCTION asymmetric_sign RETURNS STRING
  SONAME 'openssl_udf.so';
CREATE FUNCTION asymmetric_verify RETURNS INTEGER
  SONAME 'openssl_udf.so';
CREATE FUNCTION create_asymmetric_priv_key RETURNS STRING
  SONAME 'openssl_udf.so';
CREATE FUNCTION create_asymmetric_pub_key RETURNS STRING
  SONAME 'openssl_udf.so';
CREATE FUNCTION create_dh_parameters RETURNS STRING
  SONAME 'openssl_udf.so';
CREATE FUNCTION create_digest RETURNS STRING
  SONAME 'openssl_udf.so';

一度インストールすれば、何回サーバーを再起動しても UDF はインストールされたままです。UDF をアンロードするには、DROP FUNCTION ステートメントを使用します。たとえば、鍵生成の関数をアンロードするには、次のように実行します。

DROP FUNCTION create_asymmetric_priv_key;
DROP FUNCTION create_asymmetric_pub_key;

CREATE FUNCTION および DROP FUNCTION ステートメントでは、関数名を小文字で指定する必要があります。これは、大文字と小文字のどちらでも使用できる関数の呼び出し時での使用とは異なります。

mysql データベースの場合、CREATE FUNCTION および DROP FUNCTION ステートメントでは、それぞれ INSERT および DROP 権限が必要です。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.