Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  クライアントプログラミングのセキュリティーガイドライン

6.1.7 クライアントプログラミングのセキュリティーガイドライン

MySQL にアクセスするアプリケーションは、ユーザーによって入力されるあらゆるデータを信頼しないようにしてください。ユーザーは Web フォーム、URL、または構築されたあらゆるアプリケーションに特殊文字またはエスケープ文字のシーケンスを入力することによってコードを欺くことを試すことができます。ユーザーが ; DROP DATABASE mysql; のような入力を行なっても、アプリケーションがセキュアな状態に保たれるようにしてください。これは極端な例ですが、同様の技術を使用するハッカーに備えていない場合、結果として大規模なセキュリティーリークおよびデータ損失が発生することがあります。

よくある過ちは、文字列データ値のみ保護することです。数値データも忘れずに検査してください。ユーザーが 234 という値を入力したとき、アプリケーションが SELECT * FROM table WHERE ID=234 のようなクエリーを生成する場合、ユーザーは 234 OR 1=1 という値を入力して、SELECT * FROM table WHERE ID=234 OR 1=1 というクエリーをアプリケーションに生成させることができます。その結果、サーバーはテーブル内のすべての行を取得します。これはすべての行を公開し、サーバーに過剰な負荷がかかります。この種類の攻撃から保護するためのもっとも簡単な方法は、数値定数を囲む単一引用符を使用して、SELECT * FROM table WHERE ID='234' とする方法です。ユーザーが余分の情報を入力すると、その情報はすべて文字列の一部となります。数値コンテキストでは、MySQL は自動的にこの文字列を数値に変換し、あとに続く数値以外のすべての文字を取り除きます。

データベースに格納されているデータが公開されているもののみであれば、保護は不要だと思われることもあります。これは正しくありません。データベース内のどの行も表示が許可されている場合であっても、サービス妨害攻撃 (前のパラグラフの技術に基づいた、サーバーにリソースを浪費させるものなど) から保護するべきです。そうしない場合、サーバーは正当なユーザーに対して応答不能になります。

チェックリスト:

  • 厳密な SQL モードを有効にして、サーバーが受け入れるデータ値の制限を厳しくするようサーバーに指示します。セクション5.1.7「サーバー SQL モード」を参照してください。

  • すべての Web フォームに単一引用符または二重引用符 (' および ") を入力してみます。何らかの種類の MySQL エラーが出る場合、すぐに問題を調査してください。

  • 動的 URL に %22 (")、%23 (#)、および %27 (') を追加して、これらを変更してみます。

  • 前の例で示した文字を使用して、動的 URL のデータ型を数値型から文字型に変更してみます。これらの攻撃や類似の攻撃に対してアプリケーションが安全であるようにしてください。

  • 数値フィールドに、数値でなく文字、スペース、および特殊記号を入力してみます。アプリケーションはこれらを MySQL に渡す前にこれらを削除するか、またはエラーを生成します。検査済みでない値を MySQL に渡すことは非常に危険です。

  • データを MySQL に渡す前にデータのサイズを検査してください。

  • アプリケーションがデータベースに接続するときは、管理目的で使用するものとは異なるユーザー名を使用するようにしてください。アプリケーションに不要なアクセス権限を付与しないでください。

多くのアプリケーションプログラミングインタフェースには、データ値の特殊文字をエスケープする手段が備わっています。適切に使用すれば、これにより、意図とは異なる効果を持つステートメントをアプリケーションに生成させる値を、アプリケーションユーザーが入力できないようにすることができます。

  • MySQL C API: mysql_real_escape_string() API コールを使用してください。

  • MySQL++: クエリーストリームに対して escape および quote 修飾子を使用してください。

  • PHP: mysqli または pdo_mysql 拡張子を使用し、古い ext/mysql 拡張子を使用しないでください。推奨される API は、プレースホルダを持つプリペアドステートメントのほかに、改善された MySQL 認証プロトコルおよびパスワードをサポートします。Choosing an APIも参照してください。

    古い ext/mysql 拡張子を使用する必要がある場合、エスケープのために、mysql_real_escape_string() 関数を使用し、mysql_escape_string() または addslashes() を使用しないでください。これは、mysql_real_escape_string() のみが文字セットを認識し、ほかの関数は、(無効な) マルチバイト文字セットを使用したときにバイパスされる可能性があるためです。

  • Perl DBI: プレースホルダまたは quote() メソッドを使用してください。

  • Ruby DBI: プレースホルダまたは quote() メソッドを使用してください。

  • Java JDBC: PreparedStatement オブジェクトおよびプレースホルダを使用してください。

ほかのプログラミングインタフェースも似たような機能を持っている場合があります。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.