18.6.1 MySQL Cluster レプリケーション: 略語と記号

このセクションを通じて、マスターとスレーブのクラスタ、およびクラスタまたはクラスタノードで実行されるプロセスとコマンドを参照する場合に、次の略語と記号を使用します。

記号または略語 説明 (... を参照)
M (プライマリ) レプリケーションマスターとしての役割を果たすクラスタ
S (プライマリ) レプリケーションスレーブとしての役割を果たすクラスタ
shellM> マスタークラスタで発行されるシェルコマンド
mysqlM> マスタークラスタの SQL ノードとして動作する単一の MySQL サーバーで発行された MySQL クライアントコマンド
mysqlM*> レプリケーションマスターのクラスタに参加しているすべての SQL ノードで発行される MySQL クライアントのコマンド
shellS> スレーブクラスタで発行されるシェルコマンド
mysqlS> スレーブクラスタで SQL ノードとして動作している単一の MySQL サーバーで発行される MySQLクライアントのコマンド
mysqlS*> レプリケーションスレーブのクラスタに参加しているすべての SQL ノードで発行される MySQL クライアントのコマンド
C プライマリレプリケーションチャネル
C' セカンダリレプリケーションチャネル
M' セカンダリレプリケーションマスター
S' セカンダリレプリケーションスレーブ

User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.