18.5 MySQL Cluster の管理

MySQL Cluster の管理には、多くのタスクが伴い、その最初のタスクは、MySQL Cluster の構成および起動です。これについては、セクション18.3「MySQL Cluster の構成」およびセクション18.4「MySQL Cluster プログラム」で説明されています。

次のいくつかのセクションでは、実行中の MySQL Cluster の管理について説明します。

MySQL Cluster の管理および配備に関するセキュリティー上の問題については、セクション18.5.11「MySQL Cluster のセキュリティー上の問題」を参照してください。

実行中の MySQL Cluster を積極的に管理する方法は、基本的に 2 つあります。それらのうちの 1 つ目は、管理クライアントに入力されたコマンドを使用するものです。これにより、クラスタのステータスをチェックしたり、ログレベルを変更したり、バックアップを開始および停止したり、ノードを停止および起動したりできます。2 つ目の方法には、クラスタログ ndb_node_id_cluster.log の内容の調査が伴います。通常、これは管理サーバーの DataDir ディレクトリで見つかりますが、この場所は LogDestination オプションを使用すればオーバーライドできます。(node_id は、アクティビティーのログが記録されるノードの一意の識別子を表すことを思い出してください。)クラスタログには、ndbd で生成されたイベントレポートが含まれます。クラスタログのエントリを Unix システムログに送信することもできます。

SHOW ENGINE NDB STATUS ステートメントを使用して、SQL ノードからクラスタ操作のいくつかの側面をモニターすることもできます。

ndbinfo データベースを使用すると、SQL インタフェースから MySQL Cluster の操作に関するより詳細な情報をリアルタイムで入手できます。詳細は、セクション18.5.10「ndbinfo MySQL Cluster 情報データベース」を参照してください。

NDB 統計カウンタでは、mysql クライアントを使用したモニタリングが改善されています。NDB カーネルに実装されたこれらのカウンタは、Ndb オブジェクトによって実行されたり、それらのオブジェクトに影響を与えたりする操作 (トランザクションの開始、終了、および中止、主キーおよび一意キー操作、テーブルスキャン、範囲スキャン、およびプルーニングスキャン、さまざまな操作が完了するまで待機しているブロックされたスレッド、MySQL Cluster によって送受信されたデータやイベントなど) に関連します。カウンタは、NDB API が呼び出されるたびに、またはデータノードでデータが送受信されるたびに NDB カーネルによってインクリメントされます。

mysqld では、NDB API 統計カウンタがシステムステータス変数として表示されます。これらは、すべての名前に共通するプリフィクス (Ndb_api_) から識別できます。これらの変数の値は、SHOW STATUS ステートメントの出力から mysql クライアントで読み取ることも、(INFORMATION_SCHEMA データベース内の) SESSION_STATUS テーブルまたは GLOBAL_STATUS テーブルでクエリーを実行することで読み取ることもできます。NDB テーブルに対して機能する SQL ステートメントの実行前後でステータス変数の値を比較すると、NDB API レベルで実行され、このステートメントに対応するアクションを確認できます。これは、MySQL Cluster のモニタリングおよびパフォーマンスチューニングの際に役立つことがあります。

MySQL Enterprise Monitor を使用して、MySQL Cluster 配備の一部である MySQL サーバーをモニターすることもできます。MySQL Enterprise Monitor 2.3 では、MySQL Cluster リソースに関する情報を提供するグラフのセットを含み、DataMemory 使用状況などのデータノードからの重要な情報に関するアラートのルールを定義する MySQL Cluster アドバイザが追加されました。MySQL Cluster に接続された任意の MySQL サーバーで ndbinfo を使用すると、この情報を MySQL Enterprise Monitor 2.3 以降で使用できるようになります。アドバイザは、クラスタ内の単一の MySQL サーバーに対して、またはモニタリングサービスの可用性レベルを高くするためにペアに対して実行できます。詳細は、MySQL Enterprise Monitor 2.3 マニュアルを参照してください。

MySQL Cluster Manager は、多数のノードを含む MySQL Cluster の起動、停止、再起動など、多くの、それがなければ複雑になる MySQL Cluster の管理タスクを簡単にする高度なコマンド行インタフェースを備えています。MySQL Cluster Manager クライアントでは、MySQL Cluster に関連する mysqld サーバーのオプションおよび変数に加えて、ほとんどのノード構成パラメータの値を取得および設定するためのコマンドもサポートしています。MySQL Cluster Manager 1.1 では、データノードのオンラインでの追加をサポートしています。詳細は、MySQL Cluster Manager 1.1 のユーザーマニュアルを参照してください。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.