Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  プラガブルストレージエンジンのアーキテクチャー

15.11.1 プラガブルストレージエンジンのアーキテクチャー

MySQL Server は、ストレージエンジンが、動作中の MySQL サーバーにロードされたり、MySQL サーバーからアンロードされたりできる、プラガブルストレージエンジンアーキテクチャーを採用しています。

ストレージエンジンのプラグイン

ストレージエンジンを使用する前に、INSTALL PLUGIN ステートメントを利用してストレージエンジンのプラグイン共用ライブラリを MySQL にロードする必要があります。たとえば、EXAMPLE エンジンのプラグインの名前が example で、共有ライブラリの名前が ha_example.so である場合、次のステートメントを使用してロードします。

mysql> INSTALL PLUGIN example SONAME 'ha_example.so';

プラガブルストレージエンジンをインストールするには、プラグインファイルは MySQL プラグインディレクトリにある必要があり、INSTALL PLUGIN ステートメントを発行するユーザーには、mysql.plugin テーブルの INSERT 権限が必要です。

共有ライブラリは MySQL サーバーのプラグインディレクトリの中にある必要があり、その場所は plugin_dirシステム変数によって指示されます。

ストレージエンジンのアンプラグ

ストレージエンジンをアンプラグするには、UNINSTALL PLUGIN ステートメントを利用します。

mysql> UNINSTALL PLUGIN example;

既存のテーブルが必要とするストレージエンジンをアンプラグした場合、それらのテーブルはアクセスできなくなりますが、引き続きディスク上 (適切な場所) に存在します。ストレージエンジンをアンプラグする前に、そのストレージエンジンを使用しているテーブルがないことを確認してください。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.