Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.2Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  固定小数点型 (真数値) - DECIMAL、NUMERIC

11.2.2 固定小数点型 (真数値) - DECIMAL、NUMERIC

DECIMAL および NUMERIC 型は真数値データ値を格納します。これらの型は、金銭データを扱う場合など、正確な精度を保持することが重要な場合に使用されます。MySQL では、NUMERICDECIMAL として実装されるので、DECIMAL に関する次の注意事項が NUMERIC にも同様に適用されます。

MySQL 5.6 は DECIMAL 値をバイナリ形式で格納します。セクション12.20「高精度計算」を参照してください。

DECIMAL カラム宣言で、精度およびスケールはたとえば次のように指定できます (通常は指定されています)。

salary DECIMAL(5,2)

この例では、5 が精度で、2 がスケールです。精度は、その値に格納された有効な桁数を表し、スケールは小数点以下に格納できる桁数を表しています。

標準 SQL では、DECIMAL(5,2) には小数部が 2 桁の合計 5 桁の値を格納できる必要があるので、salary カラムに格納できる値は、-999.99 から 999.99 の範囲になります。

標準 SQL では、構文 DECIMAL(M) は、DECIMAL(M,0) と同等です。同様に、構文 DECIMALDECIMAL(M,0) と同等です。M の値を決定するために、実装は許可されています。MySQL は、DECIMAL 構文のこれらのバリアント形式をどちらもサポートします。M のデフォルト値は 10 です。

スケールが 0 の場合、DECIMAL 値には小数点も小数部も含まれません。

DECIMAL の最大桁数は 65 ですが、指定した DECIMAL カラムの実際の範囲は、その指定したカラムの精度またはスケールによって制約される場合があります。指定のスケールで許可されている数より多くの桁が小数点以下にある値が、このようなカラムに割り当てられた場合、値はそのスケールに変換されます。(正確な動作はオペレーティングシステム固有ですが、一般的には効果は許可されている桁数に切り捨てられます。)


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.