Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  PRIMARY KEY および UNIQUE インデックス制約

1.7.3.1 PRIMARY KEY および UNIQUE インデックス制約

通常、データ変更ステートメント (INSERTUPDATE など) がプライマリキー、一意キー、または外部キーの制約に違反すると、エラーが発生します。InnoDB などのトランザクションストレージエンジンを使用している場合、MySQL ではステートメントが自動的にロールバックされます。非トランザクションストレージエンジンを使用している場合、MySQL は、エラーが発生した行でステートメントの処理を停止し、残りの行を未処理のままにしておきます。

MySQL では、INSERTUPDATE などに対して IGNORE キーワードをサポートします。これを使用する場合は、MySQL は、プライマリキーまたは一意キーの違反を無視し、次の行を処理し続けます。使用しているステートメントに関するセクション (セクション13.2.5「INSERT 構文」セクション13.2.11「UPDATE 構文」など) を参照してください。

mysql_info() C API 関数で、実際に挿入または更新される行数についての情報を取得できます。SHOW WARNINGS ステートメントを使用することもできます。セクション23.8.7.35「mysql_info()」およびセクション13.7.5.41「SHOW WARNINGS 構文」を参照してください。

現時点では、外部キーがサポートされているのは InnoDB テーブルのみです。セクション14.6.6「InnoDB と FOREIGN KEY 制約」を参照してください。


User Comments
User comments in this section are, as the name implies, provided by MySQL users. The MySQL documentation team is not responsible for, nor do they endorse, any of the information provided here.
  Posted by DBA Lead on February 21, 2012
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.