Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.1Mb
EPUB - 7.5Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  代替ストレージエンジン  /  ストレージエンジンの設定

15.1 ストレージエンジンの設定

新しいテーブルを作成するときに、ENGINE テーブルオプションを CREATE TABLE ステートメントに加えることによって、どのストレージエンジンを利用するかを指定できます。

-- ENGINE=INNODB not needed unless you have set a different
-- default storage engine.
CREATE TABLE t1 (i INT) ENGINE = INNODB;
-- Simple table definitions can be switched from one to another.
CREATE TABLE t2 (i INT) ENGINE = CSV;
CREATE TABLE t3 (i INT) ENGINE = MEMORY;

ENGINE オプションを省略した場合、デフォルトのストレージエンジンが使用されます。デフォルトのエンジンは MySQL 5.6 の InnoDB です。デフォルトのエンジンを指定するには、--default-storage-engine サーバースタートアップオプションを使用するか、my.cnf 構成ファイルにある default-storage-engine オプションを設定するかします。

現在のセッションにデフォルトのストレージエンジンを設定するには、default_storage_engine 変数を設定します。

SET default_storage_engine=NDBCLUSTER;

MySQL 5.6.3 以降では、CREATE TEMPORARY TABLE で作成された TEMPORARY テーブルのストレージエンジンは、スタートアップ時または実行時のいずれかに default_tmp_storage_engine を設定することで、永続的なテーブルのエンジンから個別に設定できます。MySQL 5.6.3 より前は、default_storage_engine で永続および TEMPORARY の両方のテーブルのエンジンを設定します。

テーブルを別のストレージエンジンに変換するには、新しいエンジンを指定する ALTER TABLE ステートメントを使用します。

ALTER TABLE t ENGINE = InnoDB;

セクション13.1.17「CREATE TABLE 構文」および セクション13.1.7「ALTER TABLE 構文」を参照してください。

コンパイルされていないストレージエンジン、またはコンパイルされているが無効化されたストレージエンジンを使用する場合、MySQL はその代わりに、デフォルトのストレージエンジンを使用してテーブルを作成します。たとえばレプリケーションのセットアップで、マスターサーバーは、最大限の安全性を得るために InnoDB テーブルを使用し、スレーブサーバーは持続性と一貫性を犠牲にして速度を得るために、代替ストレージエンジンを使用する場合があります。

デフォルトでは、CREATE TABLE または ALTER TABLE がデフォルトのストレージエンジンを使用できない場合は、常に警告が生成されます。目的のエンジンが使用できない場合に、混乱を起こす意図しない動作をしないようにするには、NO_ENGINE_SUBSTITUTION SQL モードを有効にします。目的のエンジンが使用できない場合、この設定によって、警告の代わりにエラーが起こり、テーブルが作成されたり変更されたりしません。セクション5.1.7「サーバー SQL モード」を参照してください。

新しいテーブルの場合、MySQL はテーブルとカラムの定義を保持するために .frm ファイルを必ず作成します。テーブルのインデックスとデータは、ストレージエンジンによっても異なりますが、1 つまたは複数の別のファイルに格納してもかまいません。サーバーがストレージエンジンレベルの上位に .frm ファイルを作成します。個々のストレージエンジンは、それらが管理するテーブルに必要なファイルをさらに作成します。テーブル名に特殊文字が含まれている場合は、セクション9.2.3「識別子とファイル名のマッピング」で説明されているように、その文字のエンコードされたバージョンがテーブルファイルの名前に含まれます。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.