Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
EPUB - 7.5Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  代替ストレージエンジン  /  MySQL ストレージエンジンアーキテクチャーの概要

15.11 MySQL ストレージエンジンアーキテクチャーの概要

MySQL プラガブルストレージエンジンアーキテクチャーを採用すると、データベースの専門家は、特定のアプリケーションニーズに特化したストレージエンジンを選択でき、さらにアプリケーションの特定のコーディング要件を管理する必要が完全になくなります。MySQL サーバーのアーキテクチャーにより、アプリケーションプログラマと DBA はストレージレベルのすべての実装詳細から解放され、一貫した容易なアプリケーションモデルと API が得られます。したがって、異なるストレージエンジンの機能には違いがありますが、アプリケーションはその違いから解放されます。

プラガブルストレージエンジンのアーキテクチャーは、すべての基になるストレージエンジンに共通の管理およびサポートサービスの標準セットを提供します。ストレージエンジン自身は、物理サーバーレベルで保守される基になるデータに対してアクションを実際に実行するデータベースサーバーのコンポーネントです。

この効率的なモジュール形式のアーキテクチャーは、データウェアハウス、トランザクション処理、高可用性状況など、特別なアプリケーションニーズを特に対象にしたい人、またどれか 1 つのストレージエンジンに依存しないインタフェースとサービスのセットを利用するメリットを享受したい人にとって、大きなメリットが得られます。

アプリケーションプログラマと DBA は、コネクタ API およびストレージエンジンの上位にあるサービスレイヤーを介して MySQL データベースと対話します。アプリケーションの変更によって、基になるストレージエンジンの変更を求める要件が発生した場合、または新しいニーズをサポートするために 1 つ以上のストレージエンジンが追加された場合、これをうまく行うためにコーディングやプロセスを大幅に変更する必要はありません。MySQL サーバーのアーキテクチャーは、ストレージエンジンに適用される、一貫して使いやすい API を提供することで、ストレージエンジンの内在する複雑さからアプリケーションを解放します。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.