MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  代替ストレージエンジン  /  FEDERATED ストレージエンジン

15.8 FEDERATED ストレージエンジン

FEDERATED ストレージエンジンを使用すると、レプリケーションまたはクラスタの技術を使用しないで、リモートの MySQL データベースのデータにアクセスできます。ローカルの FEDERATED テーブルにクエリーを発行すると、リモート (連合) テーブルからデータを自動的に取得します。データはローカルテーブルに格納されません。

ソースから MySQL を構築する場合に FEDERATED ストレージエンジンを含めるには、CMake-DWITH_FEDERATED_STORAGE_ENGINE オプションで呼び出します。

FEDERATED ストレージエンジンは、デフォルトでは動作中のサーバーで有効になっていません。FEDERATED を有効にするには、--federated オプションを使用して MySQL サーバーバイナリを起動する必要があります。

FEDERATED エンジンのソースを調べるには、MySQL ソース配布の storage/federated ディレクトリを検索します。

Download this Manual
EPUB - 7.5Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb
User Comments
  Posted by Steven Hartland on March 18, 2011
Optional storage engines require privileges and will fail to load when --skip-grant-tables is specified.

The result the entire db will fail to load and the following error will appear in the logs:
110318 21:37:23 [ERROR] /usr/local/libexec/mysqld: unknown option '--federated'

This in turn means that an upgrade from 5.x needs to be done in two steps if you have federated tables. Once with --skip-grant-tables and without --federated, the once without --skip-grant-tables and with --federated.
  Posted by ALEXANDER SKAKUNOV on January 8, 2013
This is very powerful tool for deployment, especially if you have vital data that you use in many projects (databases) on the same server.

Examples are any dictionaries: IP to location, Geographical hierarchy, list of points of interest, etc. For instance, on it's used to work with fresh currency rates across a few connected projects.
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.