Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 26.8Mb
PDF (A4) - 26.9Mb
HTML Download (TGZ) - 7.1Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


19.2.3.2 LIST COLUMNS パーティショニング

MySQL 5.6 は LIST COLUMNS パーティショニングのサポートを提供します。これは LIST パーティショニングのバリアントで、複数のカラムをパーティションキーとして使用でき、整数型以外のデータ型のカラムをパーティショニングカラムとして使用できます。文字列型、DATE、および DATETIME カラムを使用できます(COLUMNS パーティショニングカラムに許可されるデータ型の詳細については、セクション19.2.3「COLUMNS パーティショニング」を参照してください)。

ある会社の顧客が 12 の都市に存在し、販売およびマーケティングのために、それらを次の表に示すように 3 つの都市で構成される 4 つの地域に分類すると想定します。

地域 都市
1 Oskarshamn、Högsby、Mönsterås
2 Vimmerby、Hultsfred、Västervik
3 Nässjö、Eksjö、Vetlanda
4 Uppvidinge、Alvesta、Växjo

LIST COLUMNS パーティショニングでは、ここで示すように、顧客が所在する都市の名前に基づいてこれらの地域に対応する 4 つのパーティションのいずれかに行を割り当てる、顧客データのテーブルを作成できます。

CREATE TABLE customers_1 (
    first_name VARCHAR(25),
    last_name VARCHAR(25),
    street_1 VARCHAR(30),
    street_2 VARCHAR(30),
    city VARCHAR(15),
    renewal DATE
)
PARTITION BY LIST COLUMNS(city) (
    PARTITION pRegion_1 VALUES IN('Oskarshamn', 'Högsby', 'Mönsterås'),
    PARTITION pRegion_2 VALUES IN('Vimmerby', 'Hultsfred', 'Västervik'),
    PARTITION pRegion_3 VALUES IN('Nässjö', 'Eksjö', 'Vetlanda'),
    PARTITION pRegion_4 VALUES IN('Uppvidinge', 'Alvesta', 'Växjo')
);

RANGE COLUMNS によるパーティショニングのように、COLUMNS() 句で式を使用してカラム値を整数に変換する必要はありません(実際、カラム名ではなく式を使用することは COLUMNS() では許可されません)。

DATE および DATETIME カラムを使用することもでき、次の例では、前に示した customers_1 テーブルと同じ名前およびカラムを使用していますが、renewal カラムに基づく LIST COLUMNS パーティショニングを使用して、顧客のアカウントの更新がスケジュールされている 2010 年 2 月の週に応じて、4 つのパーティションのいずれかに行が格納されることを示しています。

CREATE TABLE customers_2 (
    first_name VARCHAR(25),
    last_name VARCHAR(25),
    street_1 VARCHAR(30),
    street_2 VARCHAR(30),
    city VARCHAR(15),
    renewal DATE
)
PARTITION BY LIST COLUMNS(renewal) (
    PARTITION pWeek_1 VALUES IN('2010-02-01', '2010-02-02', '2010-02-03',
        '2010-02-04', '2010-02-05', '2010-02-06', '2010-02-07'),
    PARTITION pWeek_2 VALUES IN('2010-02-08', '2010-02-09', '2010-02-10',
        '2010-02-11', '2010-02-12', '2010-02-13', '2010-02-14'),
    PARTITION pWeek_3 VALUES IN('2010-02-15', '2010-02-16', '2010-02-17',
        '2010-02-18', '2010-02-19', '2010-02-20', '2010-02-21'),
    PARTITION pWeek_4 VALUES IN('2010-02-22', '2010-02-23', '2010-02-24',
        '2010-02-25', '2010-02-26', '2010-02-27', '2010-02-28')
);

これは機能しますが、関係する日付の数が非常に多くなってきた場合に、定義および保守が面倒になります。そのような場合は通常、RANGE または RANGE COLUMNS パーティショニングを代わりに使用するほうが現実的です。この場合、パーティショニングキーとして使用するカラムは DATE カラムであるため、次に示すように RANGE COLUMNS パーティショニングを使用します。

CREATE TABLE customers_3 (
    first_name VARCHAR(25),
    last_name VARCHAR(25),
    street_1 VARCHAR(30),
    street_2 VARCHAR(30),
    city VARCHAR(15),
    renewal DATE
)
PARTITION BY RANGE COLUMNS(renewal) (
    PARTITION pWeek_1 VALUES LESS THAN('2010-02-09'),
    PARTITION pWeek_2 VALUES LESS THAN('2010-02-15'),
    PARTITION pWeek_3 VALUES LESS THAN('2010-02-22'),
    PARTITION pWeek_4 VALUES LESS THAN('2010-03-01')
);

詳細は、セクション19.2.3.1「RANGE COLUMNS パーティショニング」を参照してください。

また (RANGE COLUMNS パーティショニングと同様に)、COLUMNS() 句で複数のカラムを使用できます。

PARTITION BY LIST COLUMNS() 構文についての詳細は、セクション13.1.17「CREATE TABLE 構文」を参照してください。