Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
PDF (US Ltr) - 27.1Mb
PDF (A4) - 27.1Mb
EPUB - 7.5Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  プログラムオプションの指定

4.2.3 プログラムオプションの指定

MySQL プログラムに対してオプションを指定する方法はいくつかあります。

  • コマンド行で、プログラム名に続けてオプションをリストします。これは、プログラムの特定の起動に適用されるオプションに共通です。

  • プログラムが起動するときに読み取るオプションファイルにオプションをリストします。これは、プログラムを実行するとき毎回使用するオプションに共通です。

  • 環境変数にオプションをリストします (セクション4.2.10「環境変数の設定」を参照してください)。この方法は、プログラムを実行するとき毎回適用するオプションに便利です。実際には、このためにはオプションファイルを使用する方が一般的ですが、環境変数が非常に役立つ状況については、セクション5.3.3「Unix 上での複数の MySQL インスタンスの実行」で説明しています。そこでは、このような変数を使用して、サーバーとクライアントプログラムに対して TCP/IP のポート番号および Unix ソケットファイルを指定する便利なテクニックについて説明しています。

オプションは順に処理されるため、あるオプションが複数回指定されている場合、最後のものが優先されます。次のコマンドでは、mysqllocalhost で稼働しているサーバーに接続します。

shell> mysql -h example.com -h localhost

矛盾するオプションまたは関係するオプションが指定された場合、あとのオプションが先のオプションより優先されます。次のコマンドは mysqlカラム名なしモードで起動します。

shell> mysql --column-names --skip-column-names

MySQL プログラムは、まず環境変数を調べ、次にオプションファイルを読み取り、その次にコマンド行をチェックすることで、どのオプションが指定されたかを判断します。すなわち、環境変数はもっとも優先順位が低く、コマンド行のオプションがもっとも高くなります。

MySQL プログラムがオプションを処理する方法を利用して、プログラムのデフォルトオプション値をオプションファイルに指定できます。それにより、プログラムを実行するたびに入力するのを避けることができると同時に、必要に応じてコマンド行オプションを使用することにより、デフォルトをオーバーライドできます。

オプションは、すべて記述するか、またはあいまいでないプリフィクスとして指定できます。たとえば--compress オプションは --compr として mysqldump に指定できますが、--comp としては指定できません。後者はあいまいなためです。

shell> mysqldump --comp
mysqldump: ambiguous option '--comp' (compatible, compress)

オプションのプリフィクスを使用すると、プログラムに対して新しいオプションが実装された場合に問題となることがあることに注意してください。現在あいまいでないプリフィクスが、将来あいまいになる可能性があります。

注記

MySQL 5.6.13 以降、あいまいでないプリフィクスは非推奨です。あいまいでないプリフィクスが指定された場合、フィードバックを提供するため警告が発生します。オプションのプリフィクスは MySQL 5.7 ではサポートされなくなりました。完全なオプションのみが受け入れられます。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.