MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  InnoDB の I/O に関する問題のトラブルシューティング

14.19.1 InnoDB の I/O に関する問題のトラブルシューティング

InnoDB の I/O に関する問題のトラブルシューティング手順は、その問題がいつ、つまり MySQL サーバーの起動中か、あるいは通常の動作中にファイルシステムレベルの問題で DML または DDL ステートメントが失敗したときのどちらで発生したかによって異なります。

初期化の問題

InnoDB がそのテーブルスペースまたはログファイルを初期化しようとしたときに問題が発生した場合は、InnoDB によって作成されたすべてのファイル、つまりすべての ibdata ファイルおよびすべての ib_logfile ファイルを削除します。すでにいくつかの InnoDB テーブルを作成している場合は、これらのテーブルの対応する .frm ファイルと、複数のテーブルスペースを使用している場合はすべての .ibd ファイルも MySQL データベースディレクトリから削除します。次に、再度 InnoDB データベースを作成してみてください。もっとも簡単なトラブルシューティングとして、何が発生しているかがわかるように、コマンドプロンプトから MySQL サーバーを起動してください。

実行時の問題

InnoDB がファイル操作中にオペレーティングシステムのエラーを出力する場合、通常、この問題には次のいずれかの解決方法があります。

  • InnoDB データファイルディレクトリと InnoDB ログディレクトリが存在することを確認します。

  • mysqld に、これらのディレクトリ内にファイルを作成するためのアクセス権があることを確認します。

  • 指定したオプションで起動できるように、mysqld が正しい my.cnf または my.ini オプションファイルを読み取れることを確認します。

  • ディスクがいっぱいでなく、かつどのディスク割り当て制限も超えていないことを確認します。

  • サブディレクトリとデータファイルに指定した名前が衝突していないことを確認します。

  • innodb_data_home_dir および innodb_data_file_path 値の構文を再確認します。特に、innodb_data_file_path オプション内の MAX 値はすべて強い制限値であるため、その制限を超えると致命的エラーが発生します。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.