Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
EPUB - 7.5Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  サーバー側のヘルプ

5.1.10 サーバー側のヘルプ

MySQL Server は、MySQL リファレンスマニュアルからオンライン情報を表示する HELP ステートメントをサポートしています (セクション13.8.3「HELP 構文」を参照してください)。このステートメントを適切に操作するには、mysql データベースのヘルプテーブルが、ヘルプトピック情報で初期化されることが必要で、これは fill_help_tables.sql スクリプトの内容を処理することによって行います。

Unix でバイナリまたはソース配布を使用して MySQL をインストールした場合、mysql_install_db を実行したときにヘルプテーブルの内容が初期化されます。Linux の RPM 配布または Windows のバイナリ配布の場合、コンテンツの初期化は MySQL インストールプロセスの一部として実行されます。

バイナリ配布を使用して MySQL をアップグレードする場合、ヘルプテーブルの内容は自動的にアップグレードされませんが、手動でアップグレードできます。share または share/mysql ディレクトリ内から fill_help_tables.sql ファイルを見つけます。場所をそのディレクトリに変更し、mysql クライアントを使用してファイルを次のように処理します。

shell> mysql -u root mysql < fill_help_tables.sql

ヘルプテーブルをアップグレードするために、最新の fill_help_tables.sql をいつでも取得できます。MySQL のバージョンの適切なファイルを http://dev.mysql.com/doc/index-other.html からダウンロードします。ファイルをダウンロードして圧縮解除したあと、上記のように mysql を使用してファイルを処理します。

Bazaar および MySQL 開発ソースツリーを操作している場合、ソースツリーにはスタブバージョンしか含まれていないため、ダウンロードされた fill_help_tables.sql ファイルのコピーを使用する必要があります。

注記

レプリケーションに参加するサーバーの場合、ヘルプテーブルの内容のアップグレードプロセスには複数のサーバーが関与します。詳細については、セクション17.4.1.27「サーバー側ヘルプテーブルのレプリケーション」を参照してください。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.