Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
EPUB - 7.5Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  レプリケーション  /  レプリケーションソリューション

17.3 レプリケーションソリューション

レプリケーションは、多くの異なる環境でさまざまな目的に使用できます。このセクションでは、特定のソリューションタイプにレプリケーションを使用する場合の一般的な注意点とアドバイスを提供します。

セットアップに関する注意点、バックアップ手順、バックアップするファイルなど、バックアップ環境でレプリケーションを使用する場合の情報については、セクション17.3.1「バックアップ用にレプリケーションを使用する」を参照してください。

マスターとスレーブで異なるストレージエンジンを使用している場合のアドバイスやヒントは、セクション17.3.2「異なるマスターおよびスレーブストレージエンジンでレプリケーションを使用する」を参照してください。

スケールアウトソリューションとしてレプリケーションを使用するには、ソリューションを使用するアプリケーションのロジックとオペレーションで若干の変更が必要になります。セクション17.3.3「スケールアウトのためにレプリケーションを使用する」を参照してください。

パフォーマンスやデータ分散のため、データベースごとに異なるレプリケーションスレーブに複製することをお勧めします。セクション17.3.4「異なるデータベースを異なるスレーブに複製する」を参照してください。

レプリケーションスレーブの数が増えるにつれ、マスターでの負荷が増えてパフォーマンスの低下につながる可能性があります (バイナリログを各スレーブに複製する必要があるため)。単一セカンダリサーバーをレプリケーションマスターとして使用する方法など、レプリケーションパフォーマンスを向上するためのヒントについては、セクション17.3.5「レプリケーションパフォーマンスを改善する」を参照してください。

非常時のフェイルオーバーソリューションの一環としてマスターを切り替えたりスレーブをマスターに変換したりする際のガイドについては、セクション17.3.6「フェイルオーバー中にマスターを切り替える」を参照してください。

レプリケーション通信を安全に行うため、SSL を使用して通信チャネルを暗号化できます。手順を追った説明については、セクション17.3.7「SSL を使用してレプリケーションをセットアップする」を参照してください。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.