Documentation Home
MySQL 5.6 リファレンスマニュアル
Download this Manual
EPUB - 7.5Mb
HTML Download (TGZ) - 7.2Mb
HTML Download (Zip) - 7.2Mb


MySQL 5.6 リファレンスマニュアル  /  ...  /  WKT 値から幾何値を作成する関数

12.15.3 WKT 値から幾何値を作成する関数

これらの関数は、引数として Well-Known Text (WKT) 表現と、オプションで空間参照システム識別子 (SRID) を受け取ります。これらは、対応する幾何図形を返します。

GeomFromText() は、その最初の引数として任意の幾何型の WKT 値を受け入れます。その他の関数は、各幾何型の幾何値の構築のための型固有の構築関数を提供します。

WKT 形式については、セクション11.5.3.1.1「WKT (Well-Known Text) 形式」を参照してください。

  • GeomCollFromText(wkt[,srid])GeometryCollectionFromText(wkt[,srid])

    WKT 表現と SRID を使用して GeometryCollection 値を構築します。

  • GeomFromText(wkt[,srid])GeometryFromText(wkt[,srid])

    WKT 表現と SRID を使用して任意の型の幾何値を構築します。

  • LineFromText(wkt[,srid])LineStringFromText(wkt[,srid])

    WKT 表現と SRID を使用して LineString 値を構築します。

  • MLineFromText(wkt[,srid])MultiLineStringFromText(wkt[,srid])

    WKT 表現と SRID を使用して MultiLineString 値を構築します。

  • MPointFromText(wkt[,srid])MultiPointFromText(wkt[,srid])

    WKT 表現と SRID を使用して MultiPoint 値を構築します。

  • MPolyFromText(wkt[,srid])MultiPolygonFromText(wkt[,srid])

    WKT 表現と SRID を使用して MultiPolygon 値を構築します。

  • PointFromText(wkt[,srid])

    WKT 表現と SRID を使用して Point 値を構築します。

  • PolyFromText(wkt[,srid])PolygonFromText(wkt[,srid])

    WKT 表現と SRID を使用して Polygon 値を構築します。


User Comments
Sign Up Login You must be logged in to post a comment.